ソニックの生みの親たちが手掛ける『バランワンダーワールド』のオープニング映像公開。主人公がバラン劇場に迷い込み、バランに導かれこころのかけらを探す旅に

 スクウェア・エニックスは2021年3月26日(金)の発売を予定している『バランワンダーワールド』のオープニング映像を公開した。対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/S、Steam。価格はいずれも税抜6980円を予定している。 

『バランワンダーワールド』は舞台ミュージカルをモチーフにしたアクションゲームだ。ポジティブとネガティブが入り混じった心象世界「ワンダーワールド」を舞台に、主人公は「大切なモノ」を探す旅に出る

 ワンダーワールドではポジティブな心に影響された「ティムズエリア」とネガティブな心から生まれた12の心象世界があり、これらのエリアを行き来して冒険は進む。

 また、主人公はワンダーワールドに暮らす住人たちの「チカラ」を衣装としてまとうことができる。衣装をまとえば固有のアクションが可能になり、ステージに配置されたさまざまなギミックを乗り越えるのに役立つ。

 今回公開されたオープニング映像では、ポジティブとネガティブのバランスが崩れた「バラン劇場」に主人公が迷い込む。劇場では謎のマエストロ「バラン」に導かれ、こころのかけらを探しにワンダーワールドへ入るところまでが描かれている。

 本作のディレクターは中裕司氏、キャラクターデザインは大島直人氏が担当する。ソニックの生みの親たちが手がけるスクウェア・エニックスの新作、気になったかたはチェックしてみてほしい。

ライター
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧