『Darkest Dungeon II』の配信時期が2021年に決定。高い評価を受けたローグライクダンジョンRPGの続編がついに登場

 ゲームデベロッパーのRed Hook Studiosは、ローグライクRPG『Darkest Dungeon II』の早期アクセス販売を2021年に開始することを発表した。Epic Games Storeではストアページもオープン。ストアページによると、現時点では英語のみの対応となる。

 Red Hookは公式Twitterアカウントにて、『Darkest Dungeon II』の早期アクセス版はEpic Games Store独占となるものの、バージョン1.0が正式リリースされる際にはほかのPCゲームプラットフォームでも販売すると答えている。

 新たに公開されたティザートレイラーでは、前作にも登場した見慣れたキャラクターたちの姿が確認できる。

 前作『Darkest Dungeon』は、過酷なダンジョン攻略とキャラクターが抱えるストレスをテーマにしたローグライクRPGとして高い評価を得た。冒険者たちを集めて宿や食事を提供し、正体不明のランダム生成ダンジョンを攻略することが目的だ。
 ダンジョン探索やパーティマネジメント、キャラクターが死亡すればロストするなど、一般的なローグライクRPGのシステムを踏襲。しかし、キャラクターたちが独自に持つ「ストレス」がさらにダンジョン攻略を難しいものにしている

 ストレスはダンジョンの探索や戦闘で蓄積されていき、街に戻って教会やバーに行けば解消できる。ストレスを上手く発散させればダンジョンでもキャラクターは最大のパフォーマンスを発揮できるが、ストレスをため込むとプレイヤーの意図とは異なる行動を取るなどしてより不利な状況に追い込まれていく
 ストレスはその時々の行動の変化だけでなく、キャラクターの永続的なデメリットにもなり得る。ダンジョン探索では、キャラクターのHPなどと同じくストレス値が重要な鍵を握る。

 ローグライクRPGにダンジョン探索のストレスというシステムを加えた『Darkest Dungeon』は、PC版だけでなくコンソール機、スマートフォンにも移植され、200万本以上の売り上げを達成。
 執筆時点ではKickstarterにてスピンオフボードゲームのクラウドファンディングも実施されており、1日を待たずして目標額の3倍を集めた

(画像はSteam『Darkest Dungeon』より)

 1年前に初めてティザートレイラーが公開され、存在が明らかにされた『Darkest Dungeon II』。いまだにどのようなゲームになるかの全貌は不明だが、ストレスのマネジメントが重要になるゲームになることは間違いないだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧