『DOOM Eternal』にVtuber「戌神ころね」の隠し要素を開発公式が仕込む。メニュー画面のロゴが海外でも大人気になった「DOOG」に変化

 id SoftwareのFPS『DOOM Eternal』の最新DLC「The Ancient Gods – Part One」が現地時間10月20日(火)にリリースされた。この本編を持っていなくともスタンドアロンでもプレイできるDLCにVtuber「戌神ころね」のイースターエッグが仕込まれていたことを、ある海外フォーラムのユーザーが発見した。

 戌神ころねは今年4月、2016年に発売された前作『DOOM』をプレイすることをファンから勧められ、その際のコメントにあった「DOOG」という自分の容姿と掛けた言葉を気に入り紹介(動画リンク)。これをきっかけにゲームをプレイしたところ、海外でミームが発生し、主人公「ドゥームスレイヤー」とのファンアートが多数投稿される事態となっていた。

 今回のDLCでは開発のid Softwareがそれを公式へと逆輸入し、『DOOM』のロゴがこの「DOOG」に変更されるというネタを仕込んでいる。このロゴを見るには、タイトル画面でXボタンを3回押すだけで良いようだ。

(画像はRedditより)

 戌神ころねはホロライブのゲーム実況配信を中心に活動する「ホロライブゲーマーズ」所属のvTuberで、『ドラゴンズレア』『ラストハルマゲドン』『ニュールーマニア ポロリ青春』『ボボボーボ・ボーボボ ハジけ祭』など、さまざまな年代やジャンルのゲームをプレイすることで知られる。氏がプレイしたゲームはTwitterでも話題になり、『風のクロノア』がトレンド入りしたこともあった(参考記事)。

 冒頭で述べたように今年4月に『DOOM』を遊ぶことを提案されたあと、彼女は2020年7月ごろに同作やNintendo Switchで発売された『DOOM 64』をプレイした。もともと海外での知名度もあった彼女だが、ゲーム内の最強武器「BFG9999」を手に入れて大喜びしたり、チェーンソーで敵を切り刻んで大興奮する姿が言語の壁を突き抜けて大ウケ

 コメント欄にも海外のファンが英語で書き込んだり、英語翻訳したファンの映像が投稿されたりと、「DOOG」は巨大なインターネットミームへと化していった。

 『DOOM』には『The Elder Scrolls V: Skyrim』の主人公ドヴァキンの兜が置かれるといったシークレット要素もあったが、今回のようにミームのみの繫がりでイースターエッグとなるのはめずらしいかもしれない。なんにせよ、原作のゲームデザイナーであるジョン・ロメロの生首が展示されていた『DOOM II』のようなイースターエッグでなく、節度を守ったイースターエッグで安心だ。

 『DOOM Eternal』のDLC「The Ancient Gods – Part One」はリリースされたばかり。『DOOM Eternal』は前作以上に過去作への言及が多く、こういった楽しいイースターエッグはまだまだ隠されているかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧