高難度アクション『スカージブリンガー』正式版がPCおよびXbox向けにリリース。自分で難度を設定できるクリア後コンテンツも実装

 フランス・モンペリエに拠点を置くパブリッシャー(販売元)のDear Villagersは、フランス・メスを拠点に活動するふたり組チームのFlying Oak Gamesが開発する高難度アクションゲーム『ScourgeBringer (スカージブリンガー)』を日本時間10月21日(水)夜にリリースした。

 対応プラットフォームはPC(SteamGOG.comEpic Gamesストア)およびXbox Oneと海外Nintendo Switch。参考として、各ストアで表示されている通常価格はEpic Games版429円、GOG版14.44ドル(約1500円)、Steam版1730円、Xbox One版2000円(Xbox Game Pass会員は無料)となっている。

 『ScourgeBringer』は、自在な移動とハイペースで展開される戦闘を特徴とするアクションゲーム。本作には、横スクロール画面でダンジョンを探索する“メトロイドヴァニア”の要素とランダムな環境生成や、死亡によって一部の要素がリセットされる“ローグライト”の要素、そしてジャンプアクションを駆使する高難度のゲームプレイが存在する。上記の要素から、海外メディアのEurogamerは本作のデモ版を「『Dead Cells』と『Celeste』の融合」と評している

 正式版では新しい世界や敵キャラクター、3種のエンディングや隠し要素が追加されたほか、クリア済みのプレイヤーに向けた「カオスルート」と呼ばれる新コンテンツも実装されている。「カオスルート」では押し寄せる敵の編成やアイテムのドロップ率など、10種類の要素を段階的に調整可能。「どこまで難度を上げられるか」に挑戦できるため、更なる苦難と乗り越えた際の達成感を求める高難度ゲームファンにはたまらないモードとなっている。

 Flying Oak Gamesは、最大4人でプレイ可能なツインスティックシューティングRPG『NeuroVoider』の開発元としても知られる。また、今作の音楽を手がけるヨーナス・ターナー氏は『Nuclear Throne』『Downwell』『Broforce』などの作品でも音楽を担当している。ぜひ、各種の環境にマッチした音楽にも耳を傾けてみてほしい。

 正式版の変更点および修正点をより詳しく知りたい場合は、Steamニュースページにて公開されているパッチノートをチェックしておくとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧