『Apex Legends』シーズン7から追加される新レジェンドの映像が映画『インターステラー』へ似ていると話題に。突如のトレンドワード入りで映画ファンを驚かせる

 エレクトロニック・アーツ(EA)は10月27日(火)、Xbox One、PlayStation 4、PC(Origin)向けに配信中の『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』について、11月4日(水)から開幕する「シーズン7」の追加キャラクター「ホライゾン」のストーリートレイラーを公開した。
 しかし、本映像を観た人の間で話題となっているのは、彼女の物語が2014年公開の映画『インターステラー』と似ている点だ。

 『Apex Legends』の時間軸よりも1世紀前、“ホライゾン”こと「マリー・ソマーズ」博士は惑星「オリンパス」の深刻なエネルギー危機を解決する答えとなる結晶「ブランシウム」を求め、最愛の息子を置いて宇宙の果てにあるブラックホールへ旅立った。しかし、彼女は同僚の裏切りによって、時間の流れが急激に遅くなるブラックホールの周辺を漂うこととなった
 「オリンパス」の時間で87年もの長い月日が流れたのち、彼女が奇跡的に導き出した演算は故郷へつながるワームホールを開き、息子と交わした「必ず戻る」約束を果たした。

 人類が「滅亡の危機に瀕している」点や「重力の負荷によって異なる時間の流れ」など類似する点は多いが、海外掲示板のRedditTwitterで話題となっていたのは球体状かつ、ガスが作りだす“光の帯”が描かれたブラックホールの表現である。『Apex Legends』のトレイラー映像は映画のオマージュ要素を盛り込むことでたびたび話題となるが、今回のオマージュはより分かりやすく、大きな注目を集めたようだ。

 Redditでは「素晴らしい表現だ」「実際のブラックホールにおける最高の芸術的表現のひとつ」と高い評価を受けるとともに、映画での表現を考察するコメントが展開されている。また、Twitterでは突然のトレンドワード入りへ驚くもの映画をおすすめするツイートなど、さまざまな反応がみられた。

 なお、今回公開されたストーリートレイラーはあくまでキャラクターの設定や背景を紹介する映像であり、ゲーム本編にはあまり関係がない。それでも、本映像をきっかけに『Apex Legends』や『インターステラー』に興味を持つ人がいれば、きっとそれぞれのファンにとって嬉しいできごととなるだろう。

※クリストファー・ノーラン監督が手がけた最新作『TENET テネット』(2020)に先駆けて公開された、IMAXレーザー版『インターステラー』の特別予告映像

 『Apex Legends』は11月4日(水)から「シーズン7」へ突入し、SteamからもPC版をプレイできるようになる。最新情報に興味があれば、作品の公式サイトや公式SNSアカウント(TwitterFacebookInstagram)をチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧