『マリオカート』の音楽をBGMとして使う“宿題ターボ”が海外で流行。多くのユーザーが実際に試した結果をSNS上で共有

 10月26日(月)、海外メディアのPolygonは「Teens are using Mario Kart music to finish last-minute homework」(10代の若者たちは、マリオカートの音楽を使って土壇場で宿題を終えている)との話題を報じた。
 記事によれば、ショートムービープラットフォームのTikTokに投稿されたある動画をきっかけに、SNS上で多くの海外ユーザーが実践。効果のほどをコメントしている。

@daniellev98

my stress levels went 📈 but so did my word count #fyp #school #foryoupage #viral #foryou #mariokart

♬ original sound – Danielle

 10月21日にTikTokユーザーのdaniellev98氏が投稿した動画では「5ページ分のエッセイの締め切りを忘れていたが、マリオカートの音楽をかけながら書いたら1時間で終わった」とのキャプションとともに、氏が「スーパースター」を取得した際の音楽にあわせてリズムよくキーボードを打ち込んでいく様子が映されている。執筆時点で動画には130万を超える「いいね」6700件以上のコメントTwitterやFacebookなどのSNSを含む4万7000回以上のシェアを集めた。

 また、世界中の音楽チャートを日替わりで紹介する分析サイトchart dataによれば、10月24日にも米国のSpotifyにてSNSでのシェア数やストリーミング再生された数を集計する「バイラルトップ50」の15位に、2008年発売の『マリオカート Wii』から「ココナッツモール」の曲がランクインしたことも明らかとなっている。

 Polygonは記事中で「YouTubeやSpotifyなどのサービスで公開されている楽曲は、いずれも任天堂が公式に配信しているものではない」として、日本企業が提供していない楽曲のデジタル配信には「大きな需要がある」と指摘した。

 Twitterに投稿された感想を見る限りでは、効果は絶対的でないものの、いつもより速く作業が終わったことを喜ぶツイートも複数みられる。Polygonは「ほとんどのツイートは“ページに単語を打ち込むのに役立つ”ことに同意している」と結論付けている。

 2020年4月には「ゲーセン環境音」の“作業用BGM”配信をニュースとして取り上げたが、今回の“作業用BGM”はまた異なる使われ方をしているようだ。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧