大人気人狼ゲーム『Among Us』でチャットスパムが流行中。開発者は「ドチャクソ把握しており、対処中です」と問題に立ち向かう

 ライブストリーミング文化のなかで一躍有名となったマルチプレイ人狼ゲーム『Among Us』は、人気に比例してハッキングの被害も多数報告されるようになっている。

 アメリカ大統領選挙を控えるなか、最近は「エリス・ロリス・ハック」と呼ばれるチャットスパムボットによる攻撃事例が相次いでおり、開発陣はこれらの現状に対してなにかしらの対策に乗り出している姿勢を示した。

(画像はTFAnimations氏のTwitterアカウントより)

 このチャットスパムのBOTはゲーム内で「Subscribe to Eris Loris | TRUMP2020」などのチャットメッセージを何度も送信するスパム行為を働いている。

 海外メディアEurogamerは「エリス・ロリス」と名乗るYouTuber兼ハッカーと連絡を取っており、それによれば、この犯行が自身の手によるチート販売を目的だとしていたことを認めているという。このハッカーによると、複数の支援者とともに150万回の対戦でチャットスパムが発信され、490万人のプレイヤーが影響を受けたと語っている。

 ゲームを開発するInnerSlothはこの問題を把握しており、現在対応に追われている。10月23日に公式Twitterアカウントで事態に対処していることを発表。この問題を「スーパーウルトラ(super duper)把握しており、調査中です」と伝えている。

 その後、ハッキング被害を最小限に抑える緊急措置を執るパッチをリリースし、プレイヤーに「プライベートゲームや信頼できるメンバーとゲームを遊んでください」と2度にわたってツイート。また25日には2度のハッキング対策を施したことを公表した。

 最初になりすまし行為に対処したのち、チャットスパムとディスポーン(真っ暗な部屋)にもメスを入れており、これらの攻撃はなくなるはずだとしている。一方で、この対策が続いたあとも同様の事態が起きたと伝えるプレイヤーのツイートがあり、こうした迷惑行為やチートと開発者の戦いはまだまだ続きそうだ。

 2018年に発売され、2020年に入り大きな話題となって一躍人気ゲームの仲間入りを果たした『Among Us』。Steamでも売り上げ、プレイヤー数とも上位に入っている大人気ゲームとなった(公式統計データ)。

 プレイヤーの規模は小規模開発で制御できる範疇をとうに超えている感はあるが、スパム行為やチート行為に手を染めずにゲームを楽しむことが開発者を助ける最大の支援といえるだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧