リメイク版『デモンズソウル』は「当初のビジョンに忠実であり続ける」。PS5の性能でPS3では再現出来なかったものを描き、AIやゲームプレイは原作と同じものを目指す

 PlayStation 5と同時発売予定のリメイク版『デモンズソウル』について、ゲームの移植を担当するBluepoint Gamesにてクリエイティブディレクターを務めるGavin Moore氏が、海外メディアGamespotとのインタビューで本作の移植に関するさまざまな事項へ答えている。

(画像はPSBlogより)

 インタビューによると、フロムソフトウェアとゲームのディレクターを務めた宮崎英高氏は実際の制作には参加せず、ゲームの移植作業はBluepoint GamesとSIEワールドワイドスタジオが共同して手がけているという。しかし、ゲームは「当初のビジョンに忠実であり続けること」を判断基準に開発されている。

 それは単なるグラフィックをアップデートしただけの移植ではなく、元々の設計図を見直し、PlayStation 3の性能では抜け落ちていたものをPlayStation 5で再現することを目指す。それはPlayStation 3でゲームを遊んだファンが、ゲームのグラフィックスから想像したものを作るという作業になる。

 たとえばゲームに登場する「嵐の祭祀場」では、ボス戦で大嵐が起きるという。それはオリジナルのゲームプレイを変えることなく、戦いによりダイナミックな印象を与えるだろう。

 一方で「ゲームプレイ、AI、ロジック」については神聖なものとし、リメイク版『デモンズソウル』でも手を加えていない。言い換えれば、オリジナルをプレイして攻略法を知っていれば、リメイク版でも同じ方法で戦えるということだろう。
 また、かつて「DLCで語られるのかも」などと噂されていた6番目の石碑はリメイク版でも同じ状態で、新たなエリアの追加はないことが確認された。

(画像はPSBlogより)

 ついに発売まで10日となったPlayStation 5と『デモンズソウル』。10年の時を経て次世代機の力を借りて生まれ変わる本作は、はたしてどのようなものになるだろうか。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧