『マイクラ』の中で楽しめる芸術祭、「向こうがわ芸術祭」が開催中。巨大な鳥居や仏像、駒音をサンプリングした音楽を聴ける将棋盤などが展示

 10月27日(火)、『マインクラフト』内で楽しむことができる芸術祭、「向こうがわ芸術祭」がスタートした。

『入れて出れる大鳥居』たかくらかずき

 巨大な鳥居仏像、アーティスト自身が撮影した写真を使用したモニュメント駒音をサンプリングした音楽が聴ける将棋盤など様々な建造物が14個展示されている。

 参加アーティストは、イギリスを中心に活躍するフォトグラファーである雨宮透貴や、イラストレーターのたかくらかずき、蛍光塗料やブラックライトを使用したインスタレーションで知られるHouxo Queをはじめ、うーたん・うしろ草野絵美シシヤマザキTaigenKawabeヌケメ円香Maruosaの総勢10名。

 本展は、 Windows10版、iOS版、Nintendo Switch版の『マインクラフト』で、公式サイトにあるRealmsの招待コードを入力すればすぐに入場できる。サーバーに同時接続できるのは10人までとなっているため、混んでいる際は平日や日中、深夜などに入場してみると快適に鑑賞できそうだ。

『入れて出れる大鳥居』たかくらかずき 内部 テクスチャが張り替えられている

 公式サイトにはモニュメントマップと、それぞれの座標が記されている。また、サーバーはクリエイティブモードになっているため、空を飛んでモニュメントを360度好きな角度から眺めることができる。

 「向こうがわ芸術祭」の会期はとくに決まっておらず、作業の進行度にあわせて定期的に展示内容がアップデートされる。さらに、鑑賞者も自由に建築することが可能となっているが、こちらはアップデートの際にリセットされるため注意が必要だ。

『Travisscott』雨宮透貴 内部には自身が撮影した写真が展示されている
『varaety of the world』草野絵美 内部も必見

 また、本展の参加アーティストであるたかくらかずき氏のYoutubeチャンネル「データそうめん」で、本展の内容が不定期に配信されている。そのため、対応している『マインクラフト』を持っていない場合でも本展を楽しむことができる。ゲストにシシヤマザキ、雨宮透貴を迎えそれぞれの作品のツアーを行なった第一回がすでに配信されており、アーカイブも視聴可能だ。

 ブロックはもちろん、太陽などの一部テクスチャが張り替えられていたり、レッドストーン回路による仕掛けなど『マインクラフト』ならではの作品が多く展示されている本展。ぜひ体験してみてはいかがだろうか。

『阿弥陀めいろ庭園』たかくらかずき 建築中となっているが、すでにインパクト大
『海闊深遠』maruosa 駒音をサンプリングした音楽が2曲聴ける
ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧