おうちでアーケード版『アウトラン』が遊べる。復刻アーケード筐体を販売するArcade1Upがレースゲーム筐体「アウトラン着席型アーケードキャビネット」を発表

 実際に遊べるアーケードゲーム筐体のレプリカを販売するArcade1Upは、アーケードレースゲーム筐体「アウトラン着席型アーケードキャビネット」(Outrun Seated Arcade Cabinet)を発表した。着脱式の座席がついており、座って遊ぶこともできる(公式ストアページ)。

 予約も始まっており、価格は499.99ドル(約5万2000円)。公式サイトからは12月上旬より発送予定だが、残念ながら日本への発送は現時点で発表されていない。また、後日ほかの通販サイトからも販売される予定だ。
 日本ではタイトーがArcade1Upの正規代理店となっているため、そちらで何らかの発表が実施される可能性はある(参考リンク)。

 収録タイトルは以下のとおり。これらの作品はすべて海外仕様のため、日本のものとは内容が異なる場合がある。

・『アウトラン』
・『ターボアウトラン』
・『アウトランナーズ』
・『パワードリフト』

 Arcade1Upは、アーケードゲームの筐体を3/4で再現したいわば「家庭用アーケードゲーム機」だ。購入するとIKEAの家具のようにバラバラで届くので、購入者は自宅でキャビネットを組み立てることになる。
 同社はこれまでに「スペースインベーダーアーケードキャビネット」「ストリートファイターアーケードキャビネット」など、さまざまな専用キャビネット筐体をリリースしてきた。コントローラーはアーケードスティックだけでなく、トラックボールを積んでいたり、ガンシューティング用のライトガンがついていたりと、ゲームにあわせてさまざまな形式を備えている。

 座ることができる筐体としては以前「スターウォーズ着席型アーケードゲーム」を限定販売したが、レースゲームは「アウトラン着席型アーケードキャビネット」が初めてだ。

 「アウトラン着席型アーケードキャビネット」は前述のとおり、セガの『アウトラン』シリーズ3作『パワードリフト』の計4作を遊べる。筐体にはステアリングホイールとアクセルとブレーキペダル、17インチカラー液晶とステレオスピーカーを搭載。ほかのシートを使いたい場合などは、付属のシートを取り外すこともできる。
 キャビネットは高さ約1.4メートル、シートの寸法は長辺が1メートル、短辺が約0.5メートル、高さ約0.5メートル。総重量は約50キロと、座れるレースゲーム筐体だけになかなか気合いの入ったスペックとなっている。

(画像は「アウトラン着席型アーケードキャビネット」ストアページより)
(画像は「アウトラン着席型アーケードキャビネット」ストアページより)

 Arcade1up初の本格的アーケードレースゲーム筐体により、家でもアーケードのドライブが楽しめるようになる。「アウトラン着席型アーケードキャビネット」は12月上旬頃発売だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧