『ポケモンGO』2020年の収益が10ヶ月で1000億円を超え、前年同期間比で30%増しを記録。5年間の生涯収益は4381億円と調査会社が報告

 スマートフォン向けアプリの市場調査会社Sensor Towerは、同社の調査で『ポケモンGO』の生涯収益が42億ドル(約4381億円)に達し、2020年1月から10月までの10ヶ月間で10億ドル(約1043億円)の収益を記録したとの調査結果を報告した。ただし、この報告はSensor Towerの独自調査によるものであり、公式発表ではない。

 2020年の10ヶ月間の記録は前年の同期間に比べて30%上回っており、2019年全体と比較しても11%上回る好成績。

 新型コロナウイルスの感染拡大での巣ごもり需要により、モバイルゲーム全体の需要が急増。コロナ禍による外出自粛は、外に出ることがゲームプレイのコアだった『ポケモンGO』にとって大打撃となる可能性があったが、ゲームを開発するNianticは自宅でもゲームができるように変更。巣ごもり需要に応えることで大幅な利益の増加を実現したとSensor Towerは分析している。

(画像はSensor Towerより)

 また、『ポケモンGO』はサードパーティのAndroidストアをのぞく全世界での収益がモバイルゲームのなかで第3位であることもあわせて報告された。1位はテンセントの『PUBG Mobile』、2位もテンセントの『王者栄耀』。『ポケモンGO』の後ろにはMoon Activeの『Coin Master』、Mixiの『モンスターストライク』が続いている。

 世界で約4381億円を稼ぎ出した『ポケモンGO』だが、国別に見ると最も収益が多いのはアメリカ合衆国で、全体の36.3%にあたる15億ドル(約1565億円)を記録。つづく2位は日本で全体の31.3%にあたる13億ドル(約1356億円)、3位が5.7%のドイツで2億3860万ドル(約249億円)となっている。

 プラットフォーム別では、Google Playが22億ドル以上(約2295億円)、全体の53.4%を占める。App Storeは19億ドル(約1982億円)で46.6%

 ダウンロード数に目をやると、ゲームは全体で6億回以上のユニークダウンロードを記録。ダウンロード数も収益と同じくアメリカが1位で全体の18.2%を占める1億900万回のインストール。次いでブラジルの6520万回(11%)、3位がメキシコの3730万回(6.2%)となっている。
 Google Play経由ではユニークダウンロードが4億6600万回(78%)、App Storeは約1億3200万回(22%)

(画像は『ポケモンGO』公式サイトより)

 先のプラットフォーム別の収益と比較すると、ダウンロード数はGoogle Playが大きく引き離しているが、平均してひとりあたりが『ポケモンGO』にかける金額はApp Storeユーザーのほうが多いことが見えてくる。

 まだ2020年は2ヶ月残っているため、2020年の『ポケモンGO』の収益はさらにのびるはずだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧