PC向けのシリーズ新作『ポップンミュージック ライブリィ』正式サービスが開始。定額制で200曲以上を収録、専用コントローラーの制作計画も始動

 コナミアミューズメントは11月5日(木)、PC(Windows 10)向け音楽シミュレーションゲーム『pop’n music Lively(ポップンミュージック ライブリィ)』の正式サービスを開始した。

 本作におけるすべてのゲーム内要素をプレイするには「KONAMI ID」「e-amusement pass」の登録および、定額制サービス「pop’n music Livelyベーシックコース」(月額税込1628円)への加入が必要となる。

 ゲームセンターで1988年から稼働を開始した『pop’n music』シリーズは、バラエティあふれる音楽に合わせて9つのボタンを叩く気持ちよさ個性豊かなキャラクターが人気の音楽シミュレーションゲームである。これまで25のメインシリーズ作品をはじめ、家庭用ゲーム機やモバイル向けなど多数の派生作品が発売されている。

 今回正式にサービスが開始された『pop’n music Lively』は、2011年に発売されたPlayStation Portable用ソフト『pop’n music portable 2』以来、約9年ぶりに家庭用としてリリースされた正統派作品。2020年9月にはベータ版も提供されており、こちらは執筆時点で動作確認用のソフトとして無料配信中だ。

 ベータ版では最低限の機能のみを搭載し、遊べる曲も5曲のみであった。しかし正式版では、アーケード版でしかプレイできなかったものを含む、200曲以上の楽曲300以上のキャラクターからなる豊富なコンテンツを楽しめるようになった。また、今後も楽曲の追加配信やイベントを実施していく予定だという。

 なお、11月中に「pop’n music Livelyベーシックコース」へ加入してプレイすると、高難度の限定曲「Ubertreffen(プログレッシブバロック)」がアンロックされる。さらに、ベータ版のときから要望が出ていた専用コントローラーの制作プロジェクトも始動しているようだ。

 参考までに、公式サイトには最初からプレイ可能な「初期収録曲」の一覧が掲載されている。興味があれば、ベータ版での動作確認や収録曲をチェックしたうえで、定額制サービスへの加入を検討してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧