任天堂が2021年3月期第2四半期決算を報告。『あつまれ どうぶつの森』は累計販売本数2604万本を超え、『スーパーマリオ 3Dコレクション』が521万本など、ミリオンセラーは20本に

 任天堂は11月5日(木)、2021年3月期第2四半期(2020年4月1日から2020年9月30日)の決算を発表した。ハード、ソフトとも好調な売り上げを記録し、前年同期間比で売上高は73.3%増の7695億円を記録している。

 第2四半期では、2020年7月に発売した『ペーパーマリオ オリガミキング』が282万本、9月の『スーパーマリオ 3Dコレクション』は521万本(初月販売本数350万本以上)、そして『あつまれ どうぶつの森』が1427万本(累計販売本数2604万本)の売り上げを記録した。
 Nintendo Switchのミリオンセラータイトルは、サードパーティ製のゲームもあわせてついに20本となった。

(画像は任天堂公式サイトより)

 携帯専用機のLiteを含むNintendo Switchハードの販売台数は1253万台(前年同期比80.9%増)で、累計6830万台を突破。また、ソフトの販売本数は1億25万本(前年同期比71.4%増)で、累計4億5649万本を販売している。

 デジタル販売のみでも、パッケージ併売ダウンロードソフトの売上が伸びたことに加え、ダウンロード専用ソフトや追加コンテンツ、Nintendo Switch Onlineによる売上も順調に推移し、デジタル売上高は1715億円(前年同期比139.4%増)と大幅増。また、モバイル・IP関連収入等の売上高は267億円(前年同期比33.9%増)となった。

 これらの好調をうけ、任天堂は2021年3月期の業績予想を大幅に上方修正している。

(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)

 10月には『ピクミン3 デラックス』『マリオカート ライブ ホームサーキット』、追加コンテンツ『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』の第2弾となる「冠の雪原」が発売された。

 今後は、11月に『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』、2021年2月には『スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド』など、『スーパーマリオ』35周年を記念した作品を含む、さまざまなゲームがリリースされる予定だ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧