新作『バトルフィールド』は2021年年末商戦期リリースへ、ゲームの詳細は2021年春公開予定。EAの財務報告書から判明

 エレクトロニック・アーツは、同社の最新の財務報告書内で新作『バトルフィールド』2021年年末商戦期にリリースする予定を明らかにした。海外メディアGematsuが資料を入手し報告している。

(画像は『バトルフィールド』公式Twitterアカウントより)

 報告書によると、EAは2022年会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)に6本の新作を次世代ゲーム機向けにリリースするという。2022年会計年度の新作の中には『バトルフィールド』以外に『ニード・フォー・スピード』の新作も含まれている。

 参考までに、『バトルフィールド3』(2011年10月25日)や『バトルフィールドV』(2018年11月20日)など、シリーズナンバリングタイトルは10月後半から11月後半にかけてリリースされている。

 新作『バトルフィールド』は、これまでにないスケールを持った作品になると伝えている。次世代機の技術的な進歩により、開発チームはフランチャイズの真の次世代機ビジョンを実現。社内ではハンズオンテストを実施しており、チームはゲームに対して非常にポジティブなフィードバックを得ていると開発に自信を見せている。

 ゲームの内容はいまだに謎に包まれているが、2021年春頃にゲームの詳細についての詳細を発表予定だという。

 以前、新作『バトルフィールド』が2022年会計年度中にリリースされる予定だと報告(参考記事)されていたが、より詳細な発売時期が判明した。そのなかで「ゲームはおそらく『バトルフィールド6』と呼ばれる」とされていたが、報告書内では次の『バトルフィールド』と表現されるにとどまっている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧