メディアプラットフォーム「note」にゲーム編集部が開設。イベント告知やタイトル別「マガジン」、ゲーム特化の「お題」などの企画を実施予定

 note株式会社が運営するメディアプラットフォーム「note」にて、2020年6月から「ゲーム」カテゴリのディレクターを務めている須山奏氏は、公式アカウント「noteゲーム編集部」が開設されたことを自身のTwitterアカウントから伝えた。

  「note」は個人や法人を問わず、クリエイターが文章・画像・音声・動画を投稿、ユーザーがコンテンツを楽しみながら応援できるプラットフォーム。2014年4月にサービスを開始し、2020年5月時点での月間アクティブユーザー数は6300万を超える。また、70社近いメディアパートナーによる協力のもと、書籍化や連載デビューなど、幅広い活躍の場をクリエイターに提供している。

(画像はnote「noteゲーム編集部からのご挨拶|noteゲーム編集部」より)

 「noteゲーム編集部」公式アカウントが投稿したnoteによれば、公式アカウントではnoteの主催や他企業との共催で開かれるイベントの告知をはじめ、さまざまなユーザーの記事を作品ごとにまとめた「マガジン」の公開ゲームに特化した「お題」などの企画を実施予定だという。なお、記事中のGoogleフォームではやってほしいことやイベント案などの意見・提案を受け付けている。

 ディレクターを務める須山氏は、2017年ごろから『スプラトゥーン』のコミュニティ大会を趣味として運営しており、note株式会社の企業理念「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。」に強い共感を持って入社した経緯をもつ。

 「ゲーマーが、ゲームで生きていける、ゲームを継続していける環境を作る」個人の理念を掲げる須山氏と、noteの新たな取り組みにぜひ注目してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧