ほぼひとりで開発するコンバットフライトアクション『Project Wingman』の完成は間近。キャンペーンとそのVR対応やアセット開発などが完成度90%を超える

 ゲーム開発者のRB-D2ことアビ・ラフマーニー氏は、ほぼひとりでコンバットフライトアクション『Project Wingman』の開発を続けている。11月10日、同作の最新の開発状況が報告された。
 報告によれば、キャンペーンやアセット制作、キャンペーンのVR対応といった開発作業は、想定の90%以上が完了。ゲームの完成は間近だという。

 同日投稿されたKickstarterへの更新には、VRゴーグルでのゲームプレイ映像や、かなり無茶な方法で敵を迎撃するスリリングなプレイ映像がアップロードされている。

 『Project Wingman』は、リアルなコンバットフライトシミュレーションとアーケードライクなフライトシューティングの中間のようなゲームプレイが特徴のコンバットフライトアクションだ。カジュアルに空中戦を楽しみたいプレイヤーだけでなく、理不尽に片足を突っ込んだような真なるハードコアな空戦体験をしたいプレイヤーに向けて、4つの難易度を用意。
 戦場に無線通信が飛び交い、「板野サーカス」のような尾を引く大量のミサイルなど、言ってしまえば『エースコンバット』シリーズに強い影響を受けているゲームだ。

 舞台は異なる歴史をたどった地球。キャンペーンモードでプレイヤーは冷たいベーリング海、東洋の砂漠、太平洋など、世界中を股に掛けドッグファイトや対戦車攻撃などさまざまなミッションに挑戦する。
 コンクエストモードはRPGとローグライク要素をフライトコンバットゲームに導入。プレイヤーはボスやエースパイロットと制空権を奪い合って戦い、稼いだお金で自分の戦闘機や傭兵団の力を高め、さらなる激戦区へと挑む。

 ゲームには20種類以上の戦闘機、40種類以上の武器が登場。それらを駆使し、機械化された巨大な要塞、巨大レールガンなど戦闘機以外にもさまざまな兵器を相手に戦うことになる。
 またダイレクトインプットに対応したフライトスティックとVRHMDに対応。上記の動画を見ても分かるとおり、三半規管を揺さぶられるリアルな空戦が待ち受けている。

 美しいグラフィックスの空は、Simul Softwareが開発したリアルタイム天候生成システム「TrueSky」を使用している。

(画像はSteam『Project Wingman』より)
(画像はSteam『Project Wingman』より)
(画像はSteam『Project Wingman』より)

 なお本作は2018年に開発初期ビルドの体験版がリリースされているものの、本編リリースに向けて新しい体験版は制作される予定がなく、人的資源が理由で難しいとのこと。ただし公式Discord内でNDA契約を結んでのテストは予定しているそうだ。

 2018年にクラウドファンディングで大きな話題となった『Project Wingman』もついに完成が近くなってきた。ゲームの最新情報が知りたい方はラフマーニー氏のTwitterアカウントをフォローするか、Steamでゲームをフォローして欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧