ゲームボーイとゲームボーイカラー用ゲーム『Coria and the Sunken City』体験版が配布開始。広大な島を探索する2Dアクションゲーム

 ゲームデザイナーであるトーマス・ニッケル氏などのメンバーが所属する開発チームは、ゲームボーイとゲームボーイカラー用ゲーム『Coria and the Sunken City』の体験版をリリースした(itch.ioリンク)。

 ブラウザ上で遊べるほか、ゲームボーイ用のROMイメージも配布しており、エミュレーターを使って遊ぶことも、書き込み可能なゲームボーイ互換カートリッジにデータを移して実機で遊ぶこともできる。

 『Coria and the Sunken City』は、若き冒険者「コリア」として謎に満ちた島「アゴエ」を探索する2Dアクションゲームだ。広大なオープンワールドを特徴としており、敵対するモンスターやボス、さらにはフレンドリーな島民たちが登場する。プレイヤーは島を探索することで、さまざまなスキルや武器をアンロックしていく。

 体験版はゲームの一部をプレイ可能で、実際にプレイすると、剣を振って敵を倒しトラップをジャンプで回避する、オーソドックスな2Dアクションとなっている。カエルやコウモリのような雑魚モンスターを倒すと必ず回復アイテムを落とすなど、戦闘自体は現時点では非常に簡単で、バランスは今後さらに調整されるのかもしれない。

 一方で、特徴とされているオープンワールドの広大さは、体験版でその一端を体験できる。「ゲームボーイ用タイトル」としての範疇ではあるが分岐もあり、探索している雰囲気は十二分に出ている。ゲームのグラフィックは懐かしくも美麗で、実機で動かせばさらに味わい深いものになるはずだ。

(画像はitch.io『Coria and the Sunken City』より)
(画像はitch.io『Coria and the Sunken City』より)
(画像はitch.io『Coria and the Sunken City』より)

 公式Twitterアカウントでは、ゲームボーイやゲームボーイカラーで動作する本作のデモプレイ動画がアップロードされている。また、YouTubeの公式チャンネルではアニメーショントレイラーも視聴できるので、気になる方はチェックしてみてほしい。

 『Dragonborne』参考記事)や『Where is my body?』参考記事)など、令和の時代に入ってもゲームボーイ向けゲームの開発は元気だ。とはいえ、『Coria and the Sunken City』のようにゲームボーイカラーにも対応したゲームの開発は少し珍しいかもしれない。

 『Coria and the Sunken City』はデジタル配信だけでなく、物理カートリッジ形式での販売も予定している。カートリッジのデザインは不明だが、ゲームボーイ・ゲームボーイカラー共用のカートリッジといえば色は黒になるだろう。
 ゲームに興味がある方はitch.ioのページでゲームの体験版を遊んでみたり、公式Twitterアカウント(@CoriaGameBoy)をフォローして続報を待って欲しい。


ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧