超かっこいい『メタルギアソリッドV』ヴェノムスネークの「義手」が現実に登場。筋肉の電気信号を受けて実際に稼働、コナミとコラボし発売へ

 スタイリッシュな義手「ヒーローアーム」で知られる義肢製作企業Open Bionicsが、コナミの米国現地法人Konami Digital Entertainmentと提携し、『メタルギアソリッドV ファントムペイン』の主人公「ヴェノムスネーク」の義手のレプリカを発売した(公式リンク)。

 「ヒーローアーム」は、筋肉が発する電気信号を受けて実際に稼働し、ものをつかむこともできる“バイオニック・ハンド”だ。「ロケットパンチ」などの武装がない点を除けば、スネークの義手と機能はほぼ変わらないと言えるだろう。

 Open Bionicsはオリジナルのスタイリッシュな義手だけでなく、『アイアンマン』『アナと雪の女王』とコラボした義手を製作していることでも有名だ。
 あるいはゲームファンであれば、義手といえば『Deus Ex』シリーズ「アダム・ジェンセン」を思い浮かべる方も多いだろう。「ヒーローアーム」には、もちろんアダム・ジェンセン仕様のカスタムキットもラインナップされている(公式リンク)。カスタムキットの価格は各599ポンド(8万3000円)だ。

 ヴェノムスネークのレプリカ義手もベースとなるヒーローアームにカスタムキットを装着して再現する(公式リンク)。ゲームから飛び出してきたような赤と黒の特徴的なデザインは、不謹慎と受け止められる誤解を恐れずに言えば、自分でもつけてみたいと思うほどかっこいい。

 上記の動画で義手を装着するモデルとして登場しているのは、『メタルギアソリッド』シリーズが大好きだというダニエル・メルビル氏。生まれたときから右手がなかった氏は、「スネークの腕を実際に持てるなんて信じられない!」と喜びの声を寄せている。

(画像はKonami公式Twitterアカウントより)
(画像はKonami UK公式Twitterアカウントより)
(画像はOpen Bionics公式サイトより)

 Open Bionics社とのコラボレーションについて、Konami Digital Entertainment取締役社長の久保隆之氏は以下のようにコメントしている。

「ロボット工学の最先端を行くOpen Bionics社とコラボレーションできることを大変嬉しく思っています。世界中の上肢切断者の生活を変えるようなテクノロジーとデザインのダイナミックな融合の中で、ゲームの美学の象徴であるヴェノム・スネークと彼のバイオニックアームが、スクリーンから飛び出して命を吹き込まれるのを目の当たりにして、私たちはワクワクしています。」

 スタイリッシュな義手を作る、というのは現在さまざまな企業が取り組んでおり、高性能化も相まってファッションのひとつとなっている。復讐鬼ヴェノムスネークの義手もゲームから飛び出し、さまざまな人に笑顔を届けることになるはずだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧