『メダロット クラシック プラス』がNintendo Switch向けに発売開始。3DS版に3作追加された計8作が収録され、連打機能を追加し限定版にはサウンドトラックも

 イマジニアは11月12日(木)、Nintendo Switch向けに『メダロット クラシックス プラス』を発売した。

画像は公式PVより

 「メダロット」シリーズは、1997年に発売されたメダルで動く「メダロット」と呼ばれるロボットを戦わせる「ロボトル」が流行する世界を描く、アクションシミュレーションRPG。ナンバリングタイトルは9作にものぼり、1997年には漫画化、1999年にはアニメ化されている。

 本作は、2017年にニンテンドー3DS向けに発売され『メダロット クラシックス』に収録されていた『メダロット1』から『メダロット5』までの5作に加えて、『メダロット・ナビ』『メダロットG』『メダロット弐CORE』の3作が追加された計8作が収録されている。

 また、前作のいつでもセーブ&ロードやワイヤレスでの通信対戦、ロボトルスキップ&倍速機能、全パーツを入手した状態でのニューゲームなどの機能はそのままに、連打機能が追加され、より快適にゲームプレイができるようになっている。

 通常版は、各タイトルのカブトバージョンが収録されている『メダロット クラシックス プラス カブトver.』とクワガタバージョンが収録されている『メダロット クラシックス プラス クワガタver.』の2作。

 さらに、『メダロット クラシックス プラス カブトver.』と『メダロット クラシックス プラス クワガタver.』の両作と、ボックスアートメモリアルプレートセット、『メダロット・ナビ』、『メダロットG』、『メダロット弐CORE』のサウンドトラックが豪華パッケージに同梱された「アドバンスエディション」も登場している。

 価格はいずれも税別で、通常版が各4980円、アドバンスエディションが1万3800円となっている。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧