全年齢向けアクションRPG『奴隷闘士サラ』がSteamでリリースへ。160×144ドットで4階調モノクロのほぼゲームボーイのグラフィック

 ゲームパブリッシャーのEroge Japanは、StudioSの開発するアクションRPG『奴隷闘士サラ』Steamストアページを公開した。

 発売日や価格などは未定。参考までに、DLSiteにて先行して販売されている『【全年齢版】奴隷闘士サラ』ストアリンク)は税込1320円で販売されている。なお本作は18禁版と全年齢版が併売されているが、Steam版は全年齢版となっているようだ。

(画像はSteam『奴隷闘士サラ』より)
(画像はSteam『奴隷闘士サラ』より)

 『奴隷闘士サラ』はスクリーンショットを見て分かるとおり、ゲームボーイ風のグラフィックをが大きな特徴だ。初代ゲームボーイの液晶と同じく、160×144ドットの超低解像度・モノクロ4階調グラフィックを採用。ゲームボーイ実機で動くわけではないが、グラフィックはほぼゲームボーイ相当になっている。
 懐かしのグラフィックやピコピコサウンド、ハードなストーリーが楽しめる、「懐かしさと新しさが交差する、8Bit携帯機風アクションRPG」とされている。

 主人公は魔物の出現で崩壊した国の王女「サラ」。彼女は妹の「マナ」とともに奴隷へと身を堕としてしまう。人質となった妹と自らの自由を勝ち取るためには、莫大な金が必要となる。
 ゲームの目標は、山地、雪原、砂漠、ダンジョンなどさまざまな場所を冒険し、妹と祖国、そして自分を救うことだ。

 ゲームは見下ろし視点の2Dマップを歩きまわり、さまざまなクエストやモンスター退治で主人公を強くするオーソドックスなアクションRPGになっている。物語の要所には巨大なボスモンスターも登場し、サラの行く手を遮る。さまざまなアイテムを手に入れ、武器と魔法を駆使して困難に打ち勝たなければならない。

(画像はSteam『奴隷闘士サラ』より)
(画像はSteam『奴隷闘士サラ』より)

 画面を見るだけで懐かしくなる『奴隷闘士サラ』はSteamでもリリース予定。ゲームに興味がある方はゲームをウィッシュリストに登録して続報を待つか、『【全年齢版】奴隷闘士サラ』をDLSiteから購入して欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧