13年前のスキャナーで『DOOM』が動作。動かした本人は今後「スキャナーで矢印やボタンを読み込ませて操作できるようにしたい」とスキャナーならではの遊びを模索

 この世のハードウェアはふたつに分けられる。すなわち、『DOOM』が動くものと動かないものだ。年齢性別人種に隔てなく、日夜多くの人々がより変わったハードウェアで、より変わった方法で『DOOM』を動かそうとしている。

 Redditユーザーのthenogli氏は、Redditに13年前に発売されたキヤノンのスキャナー「Scan Front 220P」で『DOOM』を動かす様子を投稿した。『DOOM』っぽい何かが動くのではなく、完全に『DOOM』が動作している。

(画像はRedditより)

 「Scan Front 220P」は2007年にキヤノンから発売されたネットワークドキュメントスキャナーだ。価格はおよそ25万円と、当時はかなり高価だった。8.5インチのタッチディスプレイを搭載し、ネットワーク経由でファイルのやりとりもできる。

 thenogli氏はこのハードウェアで『DOOM』を動かすための詳しい方法は公開していないが、「MS-DOS」と互換性があるOS「FreeDOS」をUSBメモリ経由で使っていると説明している。タッチスクリーンを搭載しているが、FreeDOS上で動作させるためのドライバーがなかったため動作しなかった。また、マウスとキーボードを使うのにも少し手こずったという。TCP/IPに対応しているため、やろうと思えばマルチプレイもできる
 一方、Scan Front 220Pはスキャナーにもかかわらずスピーカーまで搭載しているのだが、音楽の再生は叶わなかったという。

 どんなハードウェアでも動く『DOOM』というより、13年前のスキャナーなのに『DOOM』が普通に動作するスペックを持つScan Front 220Pに驚いたというのが正直なところだ。
 CPUは「AMD GeodeLX 500MHz」、512MBのメインメモリを搭載しているので、思った以上にスペックは高め。OSさえ対応していれば、もっと重いゲームも遊べるはずだ。

 

 thenogli氏は本気か冗談か、「スキャナーで矢印やボタンをスキャンして『DOOM』を動作させるプログラムを考えています」と書き込んでいる。コレが実現すれば、まさにスキャナーで『DOOM』を動かす真価が発揮されるといえるだろう。もし本当に実現したら、また報告してくれるはずだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧