『オクトパストラベラー』を4つの制限ルールつきでプレイする「ひたすら楽してオクトパストラベラー」がスタート。動画投稿者のおやつ氏による新たな挑戦

 さまざまなゲームの制限プレイややり込みプレイの動画「挑戦シリーズ」を制作している動画投稿者「おやつ」氏は、103回目のシリーズ「ひたすら楽してオクトパストラベラー」を11月14日(土)にスタートさせた。氏の動画はニコニコ動画およびYouTubeにて公開されている。

(画像はYouTube「ひたすら楽してオクトパストラベラー part1」より)

 おやつ氏の代表作には『ロマンシング サガ3』「閃きだけで最少戦闘回数クリアに挑戦」シリーズ「ひたすら楽してFF5」シリーズが挙げられる。ただ自らに課した“縛り”を達成するだけでなく、面白い動画を届けるために「あっさりと勝利した場合はやり直し、なるべくすべての要素を見せるようにする」「視聴者から見てシンプルで分かりやすい“縛り”のルールを作る」などのこだわりをもって取り組んでいる。
 今回公開された「ひたすら楽してオクトパストラベラー part1」では、Steam版『オクトパストラベラー』を使用。本作に登場する8人の主人公から学者「サイラス・オルブライト」を選んでゲームを開始している。

 各種の仕様や世界設定に関する説明ののち、装備品をひと通り購入。「ブレイク」を発動させて確実に逃げるテクニックや、セーブ&ロードを実行して敵と遭遇するまでの歩数カウントをリセットするテクニックを駆使して「地下研究室」を進み、サイラス編第1章のボス「ラッセル」との戦闘に突入していく。

(画像はYouTube「ひたすら楽してオクトパストラベラー part1」より)

 敵の行動パターンは割と固定されているので戦闘自体はあまり問題ないものの、重要なのはラッセルとともに登場する「ブルーウィスプ」のドロップ品である「氷の精霊石」。ドロップ確率は30%なので吟味はそこまで難しくないはずなのだが…?結果は動画をご覧いただきたい。

 本シリーズでの制限には「道中のザコ戦で(リーフを)稼がない」「アイテムを拾わない」が含まれる。また、大ダメージを与える「古兵」や、レベル稼ぎに便利な経験値増加のランダム効果を含む「摩訶不思議の舞」も禁止となっている。

 果たして、限られた環境のなかでおやつ氏はどのようなドラマとスーパープレイを見せてくれるのだろうか。今後の展開からも目が離せない。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧