ゾンビウイルスに感染した母親が息子に生きる術を教えるサバイバルゲーム『Undying』の最終アルファ版が無料で配布中

 中国の北京を拠点とするゲーム開発会社Vanimalsは、母子の絆をテーマにしたゾンビサバイバルゲーム『Undying』の新しいアルファ版をSteamにてリリースした。

 アルファ版はSteamのストアページにある「Undying Demo をダウンロード」をクリックすればインストールできる。これまで同作のアルファ版は複数のバージョンがリリースされてきたが、今回が最後のアルファテストを予定しており、配布期間は最低でも2週間を予定しているという。

 『Undying』はゾンビウイルスにより崩壊した世界を舞台とするゲームで、プレイヤーは子持ちの母親となった連れ添った息子を守らなければならない。しかし、母親はゾンビウイルスに感染しており、あと数日で確実な死が訪れる。ゲームの目的は、自分がゾンビとなるまで息子を守り抜き、彼にこの世界で生き残る術を教えることだ。

 確実に訪れる死と、息子を守り導くというテーマは、ほかのゾンビゲームでは見ない、本作ならではの特徴だ。とはいえ、ゲーム自体は一般的なゾンビサバイバルに近い。ゾンビがうろつく危険な市街で食料などの物資を集め、武器やアイテムを作って生き延びる。
 ゲームは多くの場面で母子が一緒に行動する。街中には小さな子どもであれば隠れられる場所も多く、息子の身を隠してひとりで危険な場所に行くことも可能だ。

 当然物資もふたりで分けなければならないが、ふたりで物資を運んだり、息子がスキルを覚えれば役割を分担することもできる。最初はほとんどすべてをひとりでやらなければならないが、愛情を持って接すれば息子はどんどんたくましく育っていく。

 最終アルファテストでは、新たに電気関係のアイテム製作や、拠点である家のドアや窓の修復ができるようになった。プレイヤーの行動に応じて息子の気分が変化するようになったり、お互いのインタラクションも増えている。
 ゾンビ以外にも敵対的なNPCが登場し、戦闘のフィーリングの改善や、武器の耐久性の向上、息子が危機に陥ったときに大急ぎで助けに行けるようになるなど、全体的なプレイフィールにも手が入っている。

(画像はSteam 『Undying』より)
(画像はSteam 『Undying』より)
(画像はSteam 『Undying』より)

 アルファテストの内容はYouTubeやソーシャルメディアなどでシェアすることも許可されている。バグなどを見つけた時は、Steamフォーラム公式Discordなどで報告して欲しい。

 ゾンビウイルスによる崩壊後の世界を舞台に、母子の絆を描く『Undying』は、2021年に本編がリリース予定だ。現時点で日本語には未対応だが、その前にこの最終アルファ版をプレイして、本作がどのようなゲームなのか体験してみて欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧