ロケットに乗った「ノーム人形」が宇宙に到達すれば解除、現実世界と連動する謎の実績が『Half-Life: Alyx』に追加される

 ビデオゲームの世界にはさまざまな実績やトロフィーがあり、ときにはプレイヤーのスキルではどうにもできない奇妙なものも存在する。2020年3月にValveからリリースされVR専用のFPSとして高評価を得た『Half-Life: Alyx』では、新たな実績「ノーム・アローン」が追加された。

 この実績は現実世界のイベントと連動しており、11月20日にロケットを打ち上げるミッション「Return To Sender」の成功が実績解除の鍵となる。ロケットにはゲームに登場する置物「ノーム・チョムスキー」のレプリカが搭載されており、このノームが見事宇宙にたどり着けば実績解除というわけだ。

 そもそも、なぜ『Half-Life: Alyx』に登場する人形がロケットで打ち上げられようとしているのか。それはこのミッションを遂行するRocket Labにゲームを開発したValveのゲイブ・ニューウェル氏が協力しているからだ。

 ニューウェル氏はこの打ち上げを視聴した人ひとりに対し、1ドルをニュージーランドのスターシップ小児病院の小児集中治療室に寄付するとしている(参考リンク)。また、3Dプリンターを使って作られたノーム人形も、将来の宇宙船部品に使用できる新しい3Dプリント技術をテストする目的で作られた真面目なものだ。

 なおロケットでノームを打ち上げるという行為にも元ネタがある。『Half-Life 2 Episode 2』には「小さなロケットマン」という実績がある。これはゲームに登場するロケットにどこかに落ちているノームを乗せて発射すると解除される実績だ。そのため今回は、『Half-Life 2 Episode 2』にも「ノーム・アローン」の実績が追加されている。

(画像はRocket Lab公式Twitterアカウントより)
(画像はRocket Lab公式Twitterアカウントより)

 ちなみにミッションが成功しても彼は再突入の際に燃え尽きてしまう予定で、その偉業はゲームの実績としてずっと残ることになる。はたしてノーム人形は宇宙にたどり着くことができるだろうか。

 Rocket Labのエレクトロンロケットは、11月20日(金)10時15分頃から打ち上げに入る。様子は生中継され、視聴すれば小児病院に1ドル寄付も送られる。興味がある方は是非打ち上げのライブストリーミングに参加して欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧