宇宙開拓MMORPG『EVE Online』完全日本語版のサービス開始日が12月8日に決定。プレイヤー自身がさまざまな物語や歴史を生み出せる作品

 アイスランド・レイキャビクに拠点を置くCCP Gamesは、同社が開発および運営を手がける、宇宙開拓をテーマとしたMMORPG【※】作品『EVE Online(イブ オンライン)』の完全日本語版サービスを12月8日(火)に開始すると発表した。

※MMORPG
Massively Multiplayer Online Role Playing Game(大規模多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)の略。運営会社の設置したサーバー内に展開する世界に数百~数千のプレイヤーが同時接続し、オンラインで同期して楽しむタイプのロールプレイングゲーム。

 また、最新の日本語版ではゲーム内の案内役である「オーラ」の声が一新されることも発表。新しいボイスのナレーションを含む予告編動画も公開されている。

 『EVE Online』は、広大な宇宙を舞台に、宇宙探索や戦闘、採掘、産業、経済など、さまざまな物語や歴史をプレイヤーコミュニティ主導の形で自由に生み出せる作品だ。2020年10月には6500名以上のプレイヤーが同時参加する、作品史上最大規模のプレイヤー間戦争(PvP)が発生した。また、2019年3月には実時間で9年をかけて、ゲーム内に存在する7805の恒星系を巡った女性パイロットの偉業も報じられている。

 リリース文によれば本プロジェクトの実現は「CCP、日本の EVE プレイコミュニティ、および経験豊富なパートナー間の継続的な協力の結果」と表現されている。すでに公式サイトや有料アイテムを取り扱う「EVE ストア」などの各種プラットフォームはすべて日本語対応されており、12月8日(火)のリリース後にさらなるコンテンツが追加される予定のようだ。

 公式サイトでは事前登録を受け付けており、メールアドレスを登録することでフリゲート艦の限定スキン4種と、キャラクターの育成に使える「5万スキルポイント」がプレゼントされる。興味があれば、事前登録を済ませて完全日本語版『EVE Online』のサービス開始日である12月8日(火)を待ってみてほしい。

フリゲート艦の限定スキン4種

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧