禁酒法時代の暗黒街を支配するクライムストラテジーゲーム『エンパイア・オブ・シン』PS4/Switch版が2021年2月25日に発売決定

 セガは11月26日(木)、スウェーデンに拠点を置くゲーム販売会社のParadox Interactiveとのパートナーシップ第1弾タイトルとして、クライムストラテジーゲーム『Empire of Sin(エンパイア・オブ・シン)』のPlayStation 4版およびNintendo Switch版を2021年2月25日(木)に発売すると発表した。価格は税別5990円。

 『Empire of Sin』は、禁酒法の施行によって密造酒の製造や販売が横行した、1920年代のアメリカ・シカゴを舞台とする作品。本作ではアル・カポネをはじめとする14人のボスからひとりを選択。
 密造酒やカジノの経営で金を稼ぎ、邪魔な警官を買収したり、殺し屋から闇医者までさまざまな人材を雇い入れたりしながら、敵対する組織と抗争を繰り広げていく。

(画像はSteam『Empire of Sin』より)

 今回の発表に際する概要は以下のとおり。なお、12月2日(水)にはSteam版も発売されるので、PCでのプレイを検討する人は、別途Steamストアページをチェックしてみてほしい。

 

『Empire of Sin エンパイア・オブ・シン』プロモーション映像

https://youtu.be/rg6fexiAnDw

【Empire of Sin エンパイア・オブ・シンとは】

本作は、ストラテジーゲームの雄、パラドックス社(代表作:Cities: Skylines、Crusader Kings III)と、Romero Games(創設者John Romero・Brenda Romero)の強力タッグで送るクライムストラテジーです。

1920年代、禁酒法により、悪が輝いた狂騒の時代のアメリカ・シカゴを舞台に、アル・カポネをはじめとする個性豊かな「14人のボス」から1人を選び、暗黒街の支配を目指します。

敵対する全ての組織を壊滅し暗黒街の頂点に立つために、密造酒やカジノの経営で裏社会の経済を牛耳り、警官を買収。殺し屋から闇医者まで、有能な人材をスカウトしての抗争など、遊ぶたびに新しいゲーム体験を得ることができます。

【タイトル概要】

名称:Empire of Sin エンパイア・オブ・シン
対応機種:PlayStation🄬4、Nintendo Switch™
発売時期:2021年2月25日(木)
価格:5,990円(税抜き)
ジャンル:クライムストラテジー
発売・販売:株式会社セガ
CERO表記:D区分(17歳以上対象)
版権元: Paradox Interactive
開発元:Romero Games
著作権表記:©2020 Paradox Interactive. ©SEGA. All rights reserved.
Developed by Romero Games.
公式サイト:https://empireofsin.sega.jp/

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧