『天穂のサクナヒメ』とお米オンリー同人誌即売会「コメケット」2月28日開催。同人誌やグッズだけでなく、ルールを守ればお米や加工食品も頒布できる同人イベント

 同人イベント情報サイト「ケットコム」は、『天穂のサクナヒメ』とお米オンリー同人誌即売会「コメケット」を2021年2月28日(日)に開催すると発表した。開催場所は神奈川県の「川崎市産業振興会館」4階。現在参加サークルを受け付けている。

 本イベントは、『天穂のサクナヒメ』の二次創作作品やお米自体の研究本などの同人誌即売会だ。同人誌や同人グッズ以外にも、手作りのものなどは不許可だが、食品衛生法上の表記があればお米やお米を使った加工食品等の販売・配布も許可されている。

(画像はケットコム公式Twitterアカウントより)

 『天穂のサクナヒメ』は、お米作りシミュレーションとハイテンポなアクションゲームを組み合わせたゲームだ。『花咲か妖精フリージア』のえーでるわいすらしいアクションゲームの面白さと、実際に米作りを体験し、さまざまな研究を重ねた本格的なお米作りシミュレーションが話題となった。

 「コメケット」は、そんな『天穂のサクナヒメ』とお米をテーマにした同人誌即売会。同人漫画やイラスト集、同人グッズだけでなく、ゲームとは直接関係しないお米の研究本や、業者に委託して作ってもらうなどして食品衛生法上の表記がされた食品であれば販売・頒布が許されている。頒布できる食品の例として、オリジナルのチョコレートが作れる「DECOチョコ」や、オリジナルデザインのフーセンガムが作れる「まいガム」などが紹介されている。
 つまり、ルールを守ればお米農家が実際にお米を売ることもできるということだろう。

(画像は「コメケット」公式サイトより)

 ゲームが大きな話題となっただけに、「コメケット」もすでに各所で話題になっている。ゲームを開発した同人サークルえーでるわいすのなる氏も反応しており、参加して欲しいとの声も多数届いているようだ(参考ツイート)。なお、えーでるわいすやマーベラス、XSEED Gamesなど『天穂のサクナヒメ』の制作に関わった関係会社とは無関係・非公認となっている。

 また新型コロナウイルスにより通常の同人イベント以上に厳重に警戒されている。頒布物のほかにもルールが定められているので、サークル・一般参加者どちらであっても参加しようと思う方はしっかりと公式サイトに目を通して欲しい。

 ゲームとお米の即売会という、『天穂のサクナヒメ』同人イベントらしい組み合わせとなった「コメケット」は、現在参加サークルを受け付け中だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧