視聴者のコメント投票でキャラクターを操作する『リーグ・オブ・レジェンド ワイルドリフト』の配信イベントが12月10日19時から開催へ。成功すれば2021年井全ユーザーへプレゼント

 アメリカ・カリフォルニア州に本社を置くライアットゲームズ(Riot Games)は、日本時間12月10日(木)19時から『リーグ・オブ・レジェンド ワイルドリフト』(以下、ワイルドリフト)の配信イベントをYouTubeにて実施すると発表した。

(画像はTwitter「League of Legends: Wild Rift // UK, IE & Nordics(@wildriftukn)」より)

 『ワイルドリフト』は、5人のチーム同士で戦うPC向け戦略ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』を、スマートフォンや家庭用ゲーム機向けに1から作り直した作品だ。ペースの速いゲーム展開や最適化された操作方法を特徴としており、PC版よりもカジュアルに対戦を楽しめる。
 今回のイベントはオセアニアやヨーロッパなどの新たな地域におけるオープンベータ版のリリースを記念して開催され、視聴者がチャット欄での投票によってキャラクターの行動を決定。作中に登場する強力な中立モンスター「バロンナッシャー」と戦う。

 本イベントでは、視聴者が「1、2、3、4」のいずれかをコメントで入力すると対応する投票数の最も多かった動作が発動し、バロンナッシャーも動作に応じる形で反応をみせるという。ただし、攻撃を発動するタイミングによって追加ダメージを与える「強化攻撃」の要素も存在するため、視聴者は投票の選択肢とタイミングをうまく合わせる必要がある。

「強化攻撃」状態の動作は一定時間、輝くエネルギーの輪が周囲を取り囲む

 また、視聴者は「5」のコマンドを協力して入力することで、他キャラクターの支援を受けられる要素もあるようだ。なお、バロンナッシャーに勝利すると、2021年に特別な「エモート」と「アイコン」が『ワイルドリフト』の全ユーザーへプレゼントされる。

 ゲーム配信プラットフォームのTwitchでは視聴者の入力したコマンドで動作する「Twitch Plays」と呼ばれるジャンルが存在する一方、コメントを使ったゲームプレイがYouTubeで開催されることは珍しい。

 『ワイルドリフト』のプレイヤーや、視聴者参加型コンテンツに興味がある人は、ぜひ12月10日(木)19時からのライブ配信に参加して一緒に戦ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧