アーケード向けの協力対戦アクションを自宅で楽しめる。PC版『ボンバーガール』オープンベータテストが1月5日に開始するも不具合でサービス一時停止、7日以降に再開予定

 コナミアミューズメントは、同社のアーケードゲームをPCやスマートフォンで楽しめるサービス「コナステ」にて、協力対戦アクションゲーム『ボンバーガール』オープンベータテストを1月5日(火)に開始した。本作の対応プラットフォームはWindows搭載のデスクトップPCとなっている。

 テスト期間は1月12日(火)午前5時までとなっているが、1月5日午後4時の時点でマッチングできないなどの問題が発生したためサービスが一時的に停止されており、執筆時点での再開予定日は1月7日(木)以降となっている。

 『ボンバーガール』は、コナミデジタルエンタテインメントに吸収合併されたゲーム開発会社のハドソンが発売していたアクションゲーム『ボンバーマン』シリーズをベースに、4対4のチームで戦うMOBA【※】へと派生させた作品である。
 ゲームジャンルの変化以外では他作品からのゲストを含むキャラクターが美少女化されている点も特徴で、恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』に登場するヒロイン「藤崎詩織」の参戦も話題となった。

【※】MOBA:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(Multiplayer Online Battle Arena)の略で、その出自から“Dota系”とも呼ばれる。複数のプレイヤーが2チームに分かれ、フィールド上で互いの陣を攻め合うオンラインアクションゲームのジャンルを指す。プレイ中の行動によって操作キャラクターのレベルが上がる成長要素を特徴としており、代表的なタイトルに『リーグ・オブ・レジェンド』が挙げられる。

 オープンベータテスト版についてはコナステ版専用のプレイ券となる「ボンバーガール コナステ チケット」が必要で、プレーヤー名や獲得キャラクターなど一部のプレイヤーデータはアーケード版と連携可能。ただし、マッチングはアーケード版とのクロスプレイに対応していないほか、新規要素がアーケード版よりも遅れて実装されるなどの異なる点も存在する。

2018年2月に公開されたアーケード版のキャラクター紹介映像

 なお、オープンベータテスト期間中は初回プレイ時に2プレイ分のチケットをプレゼントされるので、興味があれば『ボンバーガール』の公式Twitterアカウント(@bombergirl573)をフォローしたうえでサービスの再開を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧