4万9980円からのコストパフォーマンスモデル。デスクトップPC向けの新型GPU「GeForce RTX 3060」がNVIDIAから発表

 アメリカ・カリフォルニア州に本社を置く大手半導体メーカーのNVIDIAは、日本時間1月11日(月)から開催中の電子機器見本市イベント「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES)にて、デスクトップPC向けの新型GPU【※】である「GeForce RTX 3060」を発表した。
 なお、上位モデルの「GeForce RTX 3060 Ti」はすでに発売済みだが、本製品については2月下旬から順次発売される。

【※】GPU:Graphics Processing Unitの略。PCや家庭用ゲーム機の3Dグラフィックス描写などを担うパーツ。

 GeForce RTX 3060は、2020年9月に登場した「GeForce RTX 3090」「GeForce RTX 3080」「GeForce RTX 3070」よりも安価で購入できるGPUとして発表された。日本での販売価格は4万9980円からとなっており、コストパフォーマンスの高さで人気を集めている、いわゆる「60番台」にあたる製品だ。
 NVIDIAの発表によれば、60番台のGPUはSteamを利用するゲーマーに最も人気のあるカードとなっており、2016年に登場した「GeForce GTX 1060」はゲーム用GPUの人気ランキングでトップの座を長く維持していたという。

 性能の仕様については以下のとおり。「GeForce GTX 1060」と比較すると、小さな点の集まりでグラフィックスを表現する「ラスター描画」のパフォーマンスは約2倍となったほか、光の表現などを描写するレイトレーシングのパフォーマンスは約10倍まで向上。安価ながらも、リアルタイムでのレイトレーシング機能を利用した状態で『サイバーパンク2077』『フォートナイト』といったタイトルを1秒間60フレーム(60fps)で処理できるだけのパワーを持っているという。

●13 TFLOPS のシェーダー処理性能
● 25 RT-TFLOPS のレイトレーシング処理性能
● NVIDIA DLSS (ディープラーニング スーパーサンプリング) を実行する、101 Tensor-TFLOPS の処理能力
● 192 ビットのメモリ インターフェイス
● 12GB の GDDR6 メモリ

 このほか、コンピュータ全体の処理を担うCPU(Central Processing Unit)が1度ですべてのGPUメモリへアクセスできるようにすることで、ゲームのパフォーマンスを向上させる新機能「ResizableBAR」や、ノートPC向けの新たな「GeForce RTX」シリーズが1月26日(火)から順次発売されることもあわせて発表されている。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧