『Dead or Alive』や『NINJA GAIDEN』の板垣伴信氏が、Itagaki Games設立を発表。後進の育成から再びゲーム開発へと戻る

 『Dead or Alive』シリーズや『NINJA GAIDEN』シリーズのクリエイターとして知られる板垣伴信氏が、自身のゲームスタジオItagaki Gamesを設立したことを、自身のFacebookアカウントで発表した。海外メディアVGCなどが伝えている

 板垣氏によると、過去4年間は後進の育成に取り組んでいたが、「もう一度ゲームを作りたくなった」のだという。

 板垣氏はテクモ株式会社にて内部スタジオTeam NINJAを率いて『Dead or Alive』シリーズや『NINJA GAIDEN』シリーズを手がけたあと、訴訟を経てテクモを退社。その後、Team NINJAの元メンバーらとヴァルハラゲームスタジオを立ち上げ、TPS『デビルズサード』を2015年にリリース。『デビルズサード』以降は後進の育成に尽力することとなった。

 そんな氏が再びゲーム開発に戻るこの発表は、ブルームバーグが公開したXbox 20周年記念インタビュー記事によせて行われた。マイクロソフトとの出会いやXboxの仕様が突如変更となったことなど、記事には載らなかったインタビューの内容をFacebookにてフルバージョンで掲載している。
 本文は英語だが、コメント欄に日本語版も掲載されている。板垣氏からみたXbox発売前夜のことが詳しく書かれているので、一度読んでみてほしい。

(画像はマイクロソフトより)

 Itagaki Gamesの最初の作品がどのようなものになるかは不明だが、Xboxを念頭に置いた開発が行われるようだ。インタビューで「Xboxのファンの多くがあなたの作品をきっと待っているはずです」という質問に対し、「あてにしておいてください。でなければ、今回のXboxの記事のためにインタビューを引き受けなかったでしょう」と答えている。

 板垣氏はマイクロソフトと協力することにも前向きだ。マイクロソフトがItagaki Gamesに声を掛けてくれることがあれば、それは光栄なことだと語っている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ