武器の代わりに倒したボスを召喚できる高難度2DアクションRPG『エンダーリリィズ』Steam早期アクセス版が日本時間1月22日に配信開始

 パブリッシャー(販売元)のBinary Haze Interactiveは、2DアクションRPG『ENDER LILIES: Quietus of the Knights(エンダーリリィズ: クワイタス オブ ザ ナイツ)』(以下、ENDER LILIES)について、Steam早期アクセス版の配信を日本時間1月22日(金)に開始した。
 執筆時点で早期アクセス版には3つのステージが用意されており、価格は税込2178円。完成版のリリース時には販売価格の値上げが予定されている。

 早期アクセスは2021年4月ごろまで実施され、期間中にはストーリーやステージなど各種要素の追加やゲームバランスの調整、見た目や操作性のブラッシュアップが図られる。なお、開発途中の段階であるため、購入する場合はバグや不具合が発生する可能性を留意しておく必要がある。

 『ENDER LILIES』は、総合IT企業のアドグローブと2018年に設立されたゲーム開発会社のライブワイヤー(Live Wire)が開発を手がける作品である。ライブワイヤーは『エストポリス伝記』シリーズ『ルーンファクトリー』シリーズの開発に携わった高田誠氏と受田直之氏、そしてシューティングゲームが有名なケイブでソーシャルゲーム事業を立ち上げた実績を持つ浅⾒隼⼀氏など、精鋭の開発者たちが所属している。

 発表によると本作は「メトロイドヴァニア」と呼ばれるジャンルに属し、探索でアイテムを回収し、見つけたアイテムを駆使して探索範囲を広げていく2D・横スクロール画面のタイトル。突如降り始めた「死の雨」によって滅びた「果ての国」を舞台に描かれるダークファンタジーの物語と、一瞬の気の迷いが死につながるボスとの戦いが繰り広げられる高難度のアクション要素を特徴としている。

(画像はSteam『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』より)

 さらに特筆すべき特徴として、敗北したボスの魂が主人公「リリィ」へと取り込まれ、武器の代わりとして共に戦ってくれる要素が挙げられる。早期アクセス開始にあわせて公開された最新映像では、ボスとして立ちはだかったキャラクターたちが、別の敵との戦いで加勢している様子を確認できる。
 また、Netflixアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』やテレビアニメ『ゴブリンスレイヤー』のOPテーマなどで知られる音楽集団「Mili」が作中の全楽曲を担当している点も魅力のひとつといえるだろう。

 『ENDER LILIES』はNintendo SwitchやPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/Sへの対応も予定されているので、家庭用ゲーム機版でプレイしたい人は作品の公式Twitterアカウント(@enderliliesgame)をフォローして続報を待つとよいだろう。

(画像はSteam『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』より)

 早期アクセス版のステージ紹介を含む『ENDER LILIES』の概要は以下のとおり。

■3つのステージを紹介

【白の教区】

 主人公であるリリィが目覚め、黒衣の騎士と出会う場所。ここから冒険が始まります。まずは戦いに備えて心の準備を整えましょう。

 地形は緩やかで現れる敵も比較的大人しく、 落ち着いて黒衣の騎士と共に戦う方法を覚える事ができます。

【崖の村】

 白の教区を抜け出した後、崖を登り道なりに進むと廃村にたどり着きます。家々は崩れ廃墟化しており、 村人同士が殺し合った痕跡が多く残っています。ここから本格的な冒険が始まります。

 左右に伸びた長いエリアが特徴で、 敵の攻撃も近接攻撃や遠隔攻撃が折り重なるなど、より複合的になり勢いが増しています。

【魔女たちの森】

 魔術師たちが生活し、知識を共有し高みを目指すために組織されたギルド魔術協会がある森。 かつての美しかった自然の姿も、草木は枯れ見る影もない有様となっています。

 地形は更に複雑さを増しており、探索範囲は縦横に広がるとともに、水の中を移動する事も要求されます。魔法を使う敵が多く思わぬダメージを受けてしまう事も多いでしょう。

■商品概要

タイトル名称:ENDER LILIES: Quietus of the Knights(読み:エンダーリリーズ: クワイタス オブ ザ ナイツ)
対応機種:Steam(Windows)
対応言語:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語
ジャンル:2DアクションRPG
価格:2178円(税込み)
プレイ人数:1人
ティザーサイト:https://enderlilies.com
公式Twitter:https://twitter.com/enderliliesgame
コピーライト:© BINARY HAZE INTERACTIVE Inc.
開発:Live Wire Inc. 、Adglobe Inc.

■製品版対応プラットフォーム(予定)

Nintendo Swich

PlayStation 4/5

Steam(Windows)

Xbox One、Series X/S

■Binary Haze Interractiveについて

小林宏至によって2020年に設立されたBinary Haze Interractiveは

日本から世界へ対して世界観や雰囲気を重視したコンシューマー向けオリジナルタイトルだけを発信する

ゲームパブリッシャーとして誕生しました。

自分たちが作りたいものを作る国内でオンリーワンの存在になることを目指しています。

会社名:株式会社Binary Haze Interactive
本社:東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル6F
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小林 宏至
設立:2020年6月5日
事業概要:ゲームの企画、プロデュース、販売
URL:https://bhaze.com/jp/
※会社名、製品名、ロゴはの株式会社Binary Haze Interactiveの商標または登録商標です。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ