SNSミステリー『Project:;COLD』女子高生6人が全員死亡、最後の一人はYouTube Live中に事故死か

 TwitterとYouTubeでリアルタイムに物語が進行するSNSミステリー『Project:;COLD』が驚きの展開を迎えた。

 本作は、謎の事件に巻き込まれ、次々と不可解な死を遂げていく6人の女子高生たちの物語。彼女たちは「都まんじゅう」というバンドを組んでおり、ファンの間では「みやまん」という名称で呼ばれている。

 そして本日1月22日20時、突如YouTubeにてライブ配信が開始。そこに映っていたのは、最後の一人になってしまった「青島玲子」という少女だった。

 今回の動画で起こったことを端的に書くと、「青島玲子」が死亡した。

 ライブ配信から数分後、「青島玲子」は車と接触し、5000人以上が見守る中、事故死したと思われる。その後、画面はノイズ交じりの映像になり、20時48分頃まで配信は続いた。

 今回の映像によって6人全員が死亡してしまった本作だが、物語は終わったわけではない。

画像は「佐久間 ヒカリ | CHARACTER:;(登場人物) | 現実と仮想が交錯する不可逆性SNSミステリー『Project:;COLD』(プロジェクトコールド)」より

 数日前から6人のリーダー的な存在である「佐久間ヒカリ」のTwitterのアイコンに謎のノイズが表示されるようになっており、それは日に日に増していった。そして1月19日、死亡したはずの「佐久間ヒカリ」のTwitterに謎のツイートが投稿される。

 このツイートは解読することで「01222000_UCd1IsUBTAoLxxYjMksV2pXA」となる。01222000は1月22日20時を表しており、残りはYouTubeチャンネル「みやまんチャンネル」のチャンネルIDだ。つまりこのツイートは、本日行われたライブ配信のことを示していたのだ。

 そしてライブ配信が行われていた最中、「佐久間ヒカリ」のTwitterにて再びツイートが行われた。前回と同じ暗号になっており、1月24日20時に「みやまんチャンネル」で新たな展開があることが示されている。

 『Project:;COLD』の物語はいったいどうなるのだろうか。

考察と謎解きを駆使しないとキャラが死ぬ?SNSミステリー 『Project:;COLD』は注目のお祭りだ。物語はTwitterとYouTubeでリアルタイムに描かれ、人生で一度しか体験できない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ