宇宙船内部で裏切り者と生存者に別れて騙し合う人狼系3Dマルチプレイゲーム『First Class Trouble』の日本語対応が発表。3月にSteamにて早期アクセス開始予定

 デンマークのゲーム開発会社Invisible Wallsは、人狼系マルチプレイゲーム『First Class Trouble』Steamページを更新し、同作が日本語に対応することを明らかにした。

 『First Class Trouble』は暫定的ではあるが、2021年3月に早期アクセス配信が開始予定とされている。PC以外にもPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchでもリリース予定だ。

 『First Class Trouble』は、AIが人類に反旗を翻した宇宙船内で、ほかのプレイヤーと協力して生き延びることを目指すマルチプレイパーティーゲームだ。高級ホテルのようなクルーズ船内をまわり、目標をこなしてAIをシャットダウンしなければならない。
 ただし協力すべきプレイヤーの中には人間にしか見えないロボット「ペルソノイド」が紛れ込んでおり、生き残りに紛れて人類を抹殺しようとしている。

 ペルソノイドは人間にそっくりの姿をしているほか、サーマルビジョンで壁越しにほかの生き残りを見つけることが可能で、専用のボイスチャットチャンネルでお互いに連絡を取ることもできる。数は少ないので、ロボットならではの機能を使って生き残りを追い詰めよう。

 対して生き残りはAIやペルソノイドの手から逃れ、生きて船を脱出することを目指す。ペルソノイドと違って近くにいるプレイヤーとしかボイスチャットはできず、サーマルビジョンも持っていない。圧倒的不利を数と言葉の力で生き延びなければならない。

 エリアごとに誰がペルソノイドかを議論し、投票で宇宙船の外に放り出す。一方で裏切り者であるペルソノイドは、生き残りの目を盗んで彼らを殺すか、最後までプレイヤーグループに紛れ込めば勝利だ。ゲームプレイはいわば3Dになった『Among Us』といえるゲームだ。

 ゲームは2019年末からクローズドベータテストが行われており、参加者によるプレイ動画も公式映像として公開されている。

 2020年には合計10回のアップデートが施された。現在は3月の早期アクセススタートに向けてアップデート11の開発が進められている。ロビーやSteamフレンド機能の追加、キャラクターカスタマイズや新たな宇宙船のエリアなどが追加予定だ。

 各アップデートの詳細はタスク管理ツール「Trello」内でカードとして公開されているので、興味がある方はそちらを確認してほしい。

(画像はSteam『First Class Trouble』より)
(画像はSteam『First Class Trouble』より)
(画像はSteam『First Class Trouble』より)

 『First Class Trouble』は2021年3月に早期アクセススタートを目指して開発が進められている。日本語への対応も行われるということで、日本人でも遊びやすくなるはずだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ