小島監督がNYGame Awardsレジェンド賞を受賞。記念インタビューで初めてゲーム作りに関わった思い出や『DEATH STRANDING』のこと、一番ゲーム開発が面白かったゲーム機などを語る

 KOJIMA PRODUCTIONSは1月28日(木)、NYGame Awardsでレジェンド賞を受賞した小島秀夫氏のインタビューに、日本語字幕をつけて公開した。小島氏の発言は日本語だが、インタビュワーがどんな質問をしていたかがわかりやすくなっている。

 レジェンド賞を受賞した小島氏は自身はまだレジェンドになっておらず、この賞をバネにレジェンドになれるようこれからも頑張りたいと語っている。

(画像はYouTubeより)

 インタビュー最初の質問は「最初に作ったゲームから学んだことは?」というものだ。
 一般的に小島氏が最初に関わったゲームはコナミの『夢大陸アドベンチャー』だと言われているが、あくまでアイデアをサポートしただけだと氏は返答。氏が深く関わり初めて世に出た作品は『メタルギア』だが、その前にあるゲームの企画に関わっていたのだという。

 残念ながら発売されることなくキャンセルとなったが、氏はそのプロジェクトでゲーム作りのいろはと「チームで作る」ことを学んだ。その経験を活かして開発されたのが『メタルギア』だ。

 小島氏がビデオゲーム作りに映画やアートなどからインスピレーションを受けていることは有名だが、子供の頃に楽しんだアナログな遊びを通して「自分たちで工夫してルールを作って遊んだ」ことも影響を与えているだろうと述懐している。

(画像はSteam『DEATH STRANDING』より)

 発売から1年が経った『DEATH STRANDING』は、「好き嫌いの分かれるゲームだった」と振り返った。好きな人からは熱狂的な支持を受けていることもうれしく思っているという。
 古巣のコナミから独立後、KOJIMA PRODUCTIONSの立ち上げとゲーム作りを同時進行したことについて「良くできたな」と満足げだ。

 『DEATH STRANDING』の企画はしばらく前だったが、その時から世界の分断を感じていたという。発売以降は新型コロナウイルスやブレグジット、米大統領選など、世界の分断がまだ続いているが、平和な世の中が来ることを願っていると語っている。

 今まで発売されたゲーム機のなかで、もっともビデオゲーム製作が楽しかったものは?という質問には、「どれも楽しかった」としつつ、初代PlayStationを挙げている。初代PlayStationは『Metal Gear Solid』が発売されたハードだ。

 それまでは2Dだったビデオゲームが、ポリゴンになって開発者どころかユーザーまでカメラを動かせるというのが「夢のような話」だったという。できることが一気に拡がったことで、ミュージシャンのようなそれまでゲームとは関わらなかった業種の人々がやってきたことも同様に挙げている。

(画像はGOG.com公式Twitterアカウントより)

 ほかにも、「ケ・セラ・セラ」(なるようになる)という生き方を教えてくれた母親との思い出、「ゲームとほかの体験をつなげてほしい」とゲーム業界を目指す若者へのメッセージを送っている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ