Tencentが『ライフ イズ ストレンジ』シリーズなどの開発で知られるゲームスタジオDONTNOD Entertainmentの株式を一部取得。取得価額は日本円で約38億円にのぼる

 中国の大手IT企業テンセント(Tencent、騰訊)がゲームスタジオDONTNOD Entertainmentの株式を一部取得していたことが判明した。

(画像はDONTNOD Entertainment 公式サイトより)

 これはDONTNOD Entertainmentが発表したもので、取得価額は3000万ユーロ(日本円で約38億円)に及ぶ。

 同社は、日本ではスクウェア・エニックスから販売されているアドベンチャーゲーム『ライフ イズ ストレンジ』シリーズの開発で有名なフランスのゲームスタジオだ。

(画像は『ライフ イズ ストレンジ』公式サイトより)

 他にも『Tell Me Why』『VAMPYR』といったタイトルの開発実績がある。

 この件を報じたPC GAMERによると、Tencentによる株式取得に関してDONTNOD EntertainmentのCEOであるOskar Guilbert氏は「DONTNOD Entertainmentは業界のリーダーと協力して、ビデオゲーム業界、特に中国とモバイルプラットフォームにおける様々な成長ドライバーを活用することができる」と述べたとのこと。

 今回の取得は、あくまで株式の一部であり、TencentがDONTNOD Entertainment経営陣に対して何か意思決定を行うことはできない。そのため、経営の自主性は従来通り保たれるだろう。

 Tencentは近年、世界中のゲームスタジオへ広く出資などを行っている。国内においても、『ベヨネッタ』シリーズや『NieR:Automata』などアクションゲームの開発に定評のあるプラチナゲームズが、昨年1月にTencentからの出資による資本提携を発表した。

ライター
小学生の頃にセガの『シェンムー 一章 横須賀』をプレイして以来、ゲームに夢中です。 将来はゲームを作りたいとゲームプランナーを志すも紆余曲折あり、現在は経済学を教えるジョブなどをやっています。 未来を感じられるようなワクワクを体験できるゲームとそれを生み出すクリエイターが大好き!
Twitter:@totetote114
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ