数万体のユニットが戦う戦場をシミュレートするサンドボックスゲーム『Ultimate Epic Battle Simulator』がSteamで無料配布中

 カナダのゲームデベロッパーBrilliant Game Studiosは、同社が開発した戦場サンドボックスシミュレーション『Ultimate Epic Battle Simulator』の無料配布をSteamにて開始した。期間は伝えられていないが、公式Twitterアカウントは「a very limited time」(とても限られた時間)と無料配布期間が短いことを仄めかしている。

 この無料配布は日本時間1月30日(土)午前3時に同社のYouTubeチャンネルで公開される「非常に巨大でエピックな」発表を記念して実施されている。

 詳しい内容は不明だが、2週間ほど前に砂漠に突き刺さる剣と盾、奥にはスパルタの兵士が経っているティザートレイラーが公開されていた。Steamニュースでは、ヘルメットを被った無数のガチョウのスクリーンショットが添えられており、いったい何の発表が行われるのかこれだけでは分からない。

 『Ultimate Epic Battle Simulator』は、スパルタや米軍兵士、ゾンビ、ニワトリなど多様なキャラクターを戦わせるシミュレーションゲームだ。特筆すべきはその圧倒的な規模で、1万羽のニワトリとスパルタ兵を戦わせたり、米軍と数万体のゾンビのガチンコバトルをさせたりと、さまざまな大規模戦闘をシミュレートできることだ。
 チームや参加ユニット、登場するマップの位置などを自分で設定し、大迫力の戦闘を楽しめる。

 戦場をシミュレートするだけでなく、実際にプレイヤーが一ユニットとして戦闘に参加することもできる。また、米軍兵士として仲間を率い、ゾンビなどと戦う「FPS INVASION」モードも搭載。

 プレイヤーがユニットの能力を編集でき、Steamワークショップからユーザー製作コンテンツを追加できる。『スターウォーズ』の二次創作やゲームに登場しない現代の米軍兵士など、多くのコンテンツが多数アップロードされている。

 Brilliant Game Studiosは1万体以上のユニットを描画するため、Unityエンジン上で強力な群衆描画レンダリングシステムを開発。各ユニットはマップに合わせて独自の移動パスを設定し、パフォーマンスには影響を与えないという。

(画像はSteam『Ultimate Epic Battle Simulator』より)
(画像はSteam『Ultimate Epic Battle Simulator』より)
(画像はSteam『Ultimate Epic Battle Simulator』より)

 Brilliant Game Studiosは2020年、大量にユニットを描画する技術を活かしてオープンワールドRPG『The Black Masses』Steamで早期アクセス版としてリリースした。

 『The Black Masses』のバージョンは0.98、そろそろ正式バージョンのリリースも視野に入っている。「エピックな発表」とは本作の正式リリース日の発表かもしれない。無料で配布中の『Ultimate Epic Battle Simulator』をプレイしながら、発表を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ