日本人ランナーのKanno氏が『スーパーマリオ64』スター0枚RTAの世界記録を達成。2万回以上の挑戦を経て悲願達成

 日本のスピードランナーのKanno氏が『スーパーマリオ64』スター0枚ルールの世界記録を更新した。新たな世界記録は6分31秒52。海外メディアDexertoが報じている

 Kanno氏はそれまでのスター0枚世界記録保持者Dowsky氏の6分32秒15を破るため、2万回以上の挑戦を経たという。クリアの直前、「世界記録は出なかったかもしれません」とため息交じりにつぶやいたが、結果は人類初の6分31秒台。記録が出る直前には記録更新の予感に興奮し、確定した瞬間ガッツポーズをとった。

 『スーパーマリオ64』スター0枚RTAは、その名の通りスターを1枚も取ることなくゲームをクリアする速度を競うスピードランだ。1枚もスターを取らないためほかのルールよりも早くクリアできるが、通常プレイでは70枚必要なスターを1枚も取ることなくクリアするために、さまざまなトリックを駆使しなければならない。

 スター0枚ルールの肝となるのが、「DDDSkip」だ。ケツワープことバックワード・ロングジャンプ(BLJ)の亜種サイドバックワード・ロングジャンプを使い、「ウォーターランド」(海外名「Dire, Dire Docks」=DDD)をスキップする技術だ。

【更新 2021/2/2 12:00】 記事初版にて「Kanno氏自身もこの技術(DDDSkip)を解説する動画をアップロードしている」と記載していましたが、Kanno氏はDDDSkip自体に関する解説を出しておりませんでした。訂正しお詫び申し上げます。

 DDDSkipはかなり難しい技術だ。この技術を使わないでいかに早くクリアするかを競う「スター1枚ルール」が存在することからも、その難しさがわかる。参考までに、スター1枚ルールの世界記録は上記のDowsky氏が所持しており、記録は7分11秒86。DDDSkipが使えれば、さらに40秒も記録を更新できる計算になる。

(画像はTwitchより)

 Kanno氏は世界記録更新後、スピードラン記録集積サイトSpeedrun.comのページにて、「今度は6分30秒切りを目指します!」と今後の抱負を語っている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ