MOBA型アクションシューティング『バトルボーン』がサービス終了。2016年のサービス開始から約5年の月日に幕を閉じる

 2K Gamesは、アクションシューティングゲーム『バトルボーン』のオンラインサービスを1月31日(現地時間)に終了した。

(画像は『バトルボーン』紹介ページ | PlayStation公式サイトより)

 『バトルボーン』は、2016年にPlayStation 4、XboxOne、PCで発売されたMOBA【※】タイプのアクションシューティングゲーム。開発を『ボーダーランズ』シリーズなどで知られるGearbox Softwareが担当したことでも話題となった。

【※】MOBA:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(Multiplayer Online Battle Arena)の略で、その出自から“Dota系”とも呼ばれる。複数のプレイヤーが2チームに分かれ、フィールド上で互いの陣を攻め合うオンラインアクションゲームのジャンルを指す。プレイ中の行動によって操作キャラクターのレベルが上がる成長要素を特徴としており、代表的なタイトルに『リーグ・オブ・レジェンド』が挙げられる。

 本作は遡ること約2年前の2019年、2k Gamesより本作のオンラインサービス終了に関するロードマップが発表されていた。そして、2020年2月24日からゲーム内通貨が購入できなくなるなどサービス終了に向けた施策が段階的に行われていた。

(画像は2K Games公式サイトより)

 現在、本作はすべてのデジタルストアから削除されており、ゲームもマルチプレイを含めた全コンテンツが遊べない状態となっている。

 この件を報じたPCMagでは、『バトルボーン』のオンラインサービスが終了に至った要因として、Blizzardのアクションシューティングゲーム『オーバーウォッチ』との競合によって『バトルボーン』のプレイヤー人口が減少してしまった点を挙げている。

ライター
小学生の頃にセガの『シェンムー 一章 横須賀』をプレイして以来、ゲームに夢中です。 将来はゲームを作りたいとゲームプランナーを志すも紆余曲折あり、現在は経済学を教えるジョブなどをやっています。 未来を感じられるようなワクワクを体験できるゲームとそれを生み出すクリエイターが大好き!
Twitter:@totetote114
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ