『マスエフェクト』の初期3部作が楽しめる『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』が5月14日に発売決定。壮大な宇宙の物語を描き高評価を得たRPGシリーズがリマスターで帰ってくる

 エレクトロニック・アーツは『マスエフェクト』初期3部作を1本にまとめた『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』を5月14日(金)に発売すると発表した。Steamなどで予約販売もスタートしている。

 対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PCで、次世代機にも互換対応。価格は8700円だ。また、定額遊び放題プラン「EA Play Pro」(月額1644円/年額 10644円)に加入してプレイすることもできる。

 『マスエフェクト』シリーズは、主人公シェパードの宇宙を股にかけた大冒険が描かれる三人称視点のRPG。初代『マスエフェクト』は2007年にリリースされ、3作にわたってシェパードが主人公を務めた。
 RPGの老舗Biowareらしい、プレイヤーの行動が宇宙の行く末を決める壮大な物語が魅力だ。セーブデータの引き継ぎ要素もあり、プレイヤーの選択は次の作品以降にも影響を与える。

 『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』は『マスエフェクト』、『マスエフェクト2』、『マスエフェクト3』の3本が1本にまとめられ、シングルプレイとストーリーDLCなど40種類以上の人気DLCが収録される。『マスエフェクト3』のマルチプレイ部分は収録されない。
 1本にまとめられたことで、プレイヤーの取った行動が三部作すべてに反映されるというシリーズの特徴がさらに手軽に楽しめるようになるだろう。

 ビジュアルもアップグレードされ、4K解像度にも対応。とくに初代『マスエフェクト』は、アートや視覚効果、ライティングなどゲーム全体のビジュアルが再構成される。また、射撃や武器バランス、分隊行動などゲームプレイ自体も現代風に遊びやすく変更が加えられているという。
 すべての作品でクオリティを重視した描画設定とフレームレートを重視した描画設定を選択可能だ。

(画像は『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』公式サイトより)
(画像は『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』公式サイトより)
(画像は『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』公式サイトより)
(画像は『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』公式サイトより)

 初めて正式な日本語版としてリリースされるPC版と、初めて同一プラットフォームでDLCを含めたすべての作品が日本語で遊べるようになるコンソール版。『MASS EFFECT LEGENDARY EDITION』は日本の『マスエフェクト』ファンにとっては記念すべき作品になるだろう。ゲームは5月14日(金)に発売予定だ。

文/ishigenn

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ