「NieR」シリーズの二次創作ガイドラインが公開。創作者の責任のもと、利用条件に従った場合スクウェア・エニックスの承諾なく活動が可能

 スクウェア・エニックスは2月2日(火)、「NieR」シリーズの二次創作ガイドラインを公開した。ガイドラインの対象となるのは『NieR Replicant』、『NieR Gestalt』、『NieR:Automata』、『NieR Re[in]carnation』、『NieR Replicant ver.1.22474487139…』の5タイトル。

画像はNieR:Automata Game of the YoRHa Edition/ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション: トレーラーより
画像はNieR:Automata Game of the YoRHa Edition/ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション: トレーラーより

 ガイドラインには利用条件が定められており、創作者本人の責任のもとこれに従った二次創作はスクウェア・エニックスの承諾なく可能となる。利用条件には、有償無償に関わらず営利目的での利用の禁止や、トレースを含む公式素材の利用の禁止公式と誤認されるような活動や記載の禁止などが含まれている。
 『NieR』シリーズ創作ガイドラインで公開されている利用条件は以下のとおり。

【利用条件】

(1)有償無償に関わらず、営利目的での利用をしないこと。

(2)本シリーズを構成する素材(イラスト、動画、シナリオ、音声、楽曲等)をそのまま二次的に利用しないこと。なお、ご自身で描き起こされた場合であっても、トレースしたものの利用は禁止です。

(3)当社または本シリーズ公式と詐称しないこと、または公式と誤認されるような活動・記載を行わないこと。

(4)本シリーズのイメージを損なう、公序良俗に反する、社会的な許容限度を超える行為をしないこと。

(5) 他者の誹謗中傷につながる行為をしないこと。

(6) 二次創作において、本シリーズにおけるコラボレーションイベント等、第三者が権利の一部ないし全部を保有するコンテンツを使用しないこと。

(7)当社から二次創作及び二次創作物の利用中止の要請があった場合には、遅滞なくその利用を中止すること。

 なお、利用条件の「本シリーズのイメージを損なう、公序良俗に反する、社会的な許容限度を超える行為をしないこと。」という文に関して「NieR」シリーズを手がけるヨコオタロウ氏は「放送でも言ったけど、ニーア本編がこのラインを超えてる気がするな……」ともコメントしている。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ