『Call of Duty: Warzone』で新たに6万アカウントがBAN。人気チートツールのユーザーがほとんど消え、当該チートツールは一時販売が停止されるなどの戦果をあげる

 Activisionは、Raven Softwareが開発する『Call of Duty: Warzone』で新たに6万アカウントのチーターをBANしたことを発表した。「我々は『Call of Duty』シリーズと『Call of Duty: Warzone』のチーターを一切許容しません」と、今後もチーターと戦うことを宣言した。

 『Call of Duty: Warzone』は大人気FPSシリーズのバトルロワイヤルゲームだ。最大150人のプレイヤーがひとつのマップに降り立ち、最後の1チームになるまで戦い続ける。2020年3月にサービスが開始し、2020年12月のプレスリリースにて全プラットフォームで8500万人のプレイヤーを獲得したことが発表された。

 そんな急成長を遂げたマルチプレイゲームにつきものなのが、ゲームを不正に改造するチーターだ。自動で敵に狙いをつけたり、隠れているプレイヤーの場所が分かったりと、ツールを使うと一方的に有利な状況で戦える。

 チーターとの戦いも大きな目標として掲げる『Call of Duty: Warzone』は、サービス開始からすでにチートを使う30万アカウントを永久BANに処したという。また、チート利用者だけでなくチートで利益を得ている販売者の特定も進めており、対処するための取り組みを続けている。

 チート対策の取り組みはBANのほかにも、毎週のバックエンドセキュリティアップデートやゲーム内レポートメカニズムの改善、18万を超える疑わしいアカウントを無効にする2要素認証の追加など多岐にわたる。
 セキュリティと執行チームは、チーターとチート販売者の両方を根絶するため、2021年も一貫して行動していくとしている。

 『Call of Duty: Warzone』をむしばむチートツールの中でも、特に人気なのが「EngineOwning」だ。海外メディアVICEによると、今回の大規模BANでもっとも影響を受けたのがこのチートツールのユーザーだという。「前回の大規模BAN以来、EngineOwningを使用していた人は一掃されました」と匿名の情報源が語っている。
 EngineOwningは『バトルフィールドV』などほかのゲームのチートツールも公然と販売しているが、現在『Call of Duty: Warzone』のチートツールは販売が一時停止となっている。「EngineOwning」公式サイトによると現在このチートツールは「更新中」とされている。狙い撃ちで対策され、対応に苦慮しているのかもしれない。

(画像は『Call of Duty: Warzone』公式サイトより)
(画像は『Call of Duty: Warzone』公式サイトより)

 そろそろサービス開始から1年が経つ『Call of Duty: Warzone』とチートとの戦いはまだまだ続く。これからも永久BANでゲームから消えるアカウントは増え続けるだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ