Epic Games StoreでFPS『Metro Last Light Redux』が2月12日午前1時まで無料配布中。モスクワを舞台にしたミュータントとの戦いを描くサバイバルシューティング

 Epic Gamesは、同社が運営するPCプラットフォームのEpic Gamesストアにて『Metro Last Light Redux』の無料配布を開始した。配布期間は2月12日(金)午前1時まで。Epic Gamesアカウントを所有しているユーザーなら誰でも無料でダウンロード可能。

(画像はEpic Gamesストア『Metro Last Light Redux』より)

 無料配布が行われている『Metro Last Light Redux』は、核戦争後の荒廃したモスクワが舞台の一人称視点型シューティング(FPS)ゲームだ。

 元はロシアで出版されたSF小説『2033』を原作としており、ゲーム化作品では『Metro 2033 Redux』の続編にあたる。

 プレイヤーは、荒廃した世界で弾薬や医薬品などの物資も満足にない中、襲い来るミュータントや敵対する人間集団などとの戦いに身を投じる。

(画像はEpic Gamesストア『Metro Last Light Redux』より)

 本作の特徴は、異なるプレイスタイルで遊べることだ。

 キャンペーンでは「スパルタン」「サバイバル」の2つのプレイスタイルが用意されており、選択したプレイスタイルによって、弾薬の多寡や敵に気付かれやすいかなど、異なるゲーム体験が味わえる作りとなっている。

 また、究極のサバイバルホラーを求めるならHUDやUIなど、ゲーム的な文字情報が排除された「レンジャー」モードもオススメしたい。

 唯一残念なのは、ゲーム内の言語が日本語に対応していない点である。

 あわせて、前作の『Metro 2033 Redux』もEpic Games Storeでは現在セール価格にて販売されている。セール期間は2月26日(金)午前1時までとなっており、価格は75%オフの495円。

(画像はEpic Gamesストア『Metro 2033 Redux』より)

 こちらも対応言語に日本語は含まれていないため、購入を検討される際は注意してほしい。

ライター
小学生の頃にセガの『シェンムー 一章 横須賀』をプレイして以来、ゲームに夢中です。 将来はゲームを作りたいとゲームプランナーを志すも紆余曲折あり、現在は経済学を教えるジョブなどをやっています。 未来を感じられるようなワクワクを体験できるゲームとそれを生み出すクリエイターが大好き!
Twitter:@totetote114
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ