実写映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の続編がアメリカで2022年4月に上映決定。タイトルロゴの「2」の文字は黄色く、そして2本の尻尾が生えている

 セガは、パラマウント・ピクチャーズ・コーポレーションの実写映画『SONIC THE HEDGEHOG 2』を発表。海外では2022年4月8日公開予定だ。

 公開されたティザートレイラーでは、『SONIC THE HEDGEHOG 2』の「2」が黄色く、そして2本の尻尾が生えていることが確認できる。黄色で2本の尻尾といえば、ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』で初登場したソニックの相棒「テイルス」が連想されるところだ。

 映画『ソニック・ザ・ムービー』は、地球にやってきた音速のハリネズミ「ソニック」が、ジェームズ・マースデン氏演じる保安官のトムと共に、世界征服を狙うドクターエッグマンと戦うアクション映画だ。ドクターエッグマンはジム・キャリー氏が演じており、実写まるでゲームから飛び出したような造形は大きな話題となった。

 映画発表時には、ソニックの原作のイメージから大きく外れたデザインに批判が殺到。最終的に映画を延期してまで差し替えることになったが、結果として大成功。アメリカで公開されてからは『名探偵ピカチュウ』を超える興行成績をおさめた。
 映画の興行成績を集積、分析するBox Office Mojoによると、アメリカでは1億5000万ドル、全世界で3億2000万ドルの興行成績だったという。新型コロナウイルスの感染拡大により、特に国際的な展開で大きな問題を抱えたものの大ヒットとなった。

 2020年2月に封切りされ、わずか3ヶ月後の2020年5月には続編製作が決定(参考記事)。監督は前作に引き続きジェフ・ファウラー氏、脚本はパトリック・ケイシー氏とジョシュ・ミラー氏が務めることが発表された。海外メディアGamespotによると、撮影は3月から始まるという。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 ついに銀幕で飛び回るテイルスが見られるだろうか。映画『SONIC THE HEDGEHOG 2』はアメリカで2022年4月8日公開予定だ。日本のセガが反応しているため『ソニック・ザ・ムービー2』として日本でも公開されることに期待が掛かる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ