『NieR』シリーズ初のスマートフォン向けタイトル『ニーア リィンカーネーション』がサービス開始。『オートマタ』とのコラボも開催されゲーム内には2B・9S・A2が登場

 スクウェア・エニックスは2月18日(木)、スマートフォンRPG『NieR Re[in]carnation』(ニーア リィンカーネーション)のサービスを開始した。対応プラットフォームはiOSおよびAndroid。料金は基本プレイ無料(アイテム課金あり)となっている。

 『NieR Re[in]carnation』(ニーア リィンカーネーション)は、スマートフォン向けとして初の『NieR』シリーズタイトルである。プレイヤーは主人公の少女として「ママ」を名乗る不思議な生物に導かれ、謎の空間「檻(ケージ)」に散らばる「武器の記憶」を集めていく。

 本作では3D表現の「檻(ケージ)」と、2D表現の「武器の記憶」を行き来しながら、メインシナリオが展開されていく。戦闘時には自動で通常攻撃が実行されるほか、プレイヤーは「ウェポンスキル」「キャラスキル」「オトモスキル」からなる3つのスキルを戦況に応じて発動できる。

(画像はNieR Re[in]carnation (ニーア リィンカーネーション): Opening Movie「始めましょう、輪廻の旅を」より)
(画像はNieR Re[in]carnation (ニーア リィンカーネーション): Opening Movie「始めましょう、輪廻の旅を」より)

 スタッフは『NieR』シリーズの生みの親であるヨコオタロウ氏がクリエイティブ・ディレクターを務め、齊藤陽介氏がプロデューサー、メインキャラクターデザインを吉田明彦氏、コンセプトアートを幸田和磨氏、音楽をMONACAの岡部啓一氏が担当している。

 また、開発は『ジョーカー~ギャングロード~』『BLADE XLORD ―ブレイドエクスロード―』などのスマートフォン向け作品で知られるアプリボットが担当。公開されているトレイラーからは、本作の特徴である2Dと3Dの美しい表現が確認できる。

 このほか、サービス開始とともに『NieR:Automata』とのコラボイベントも開催されている。作中には「2B」、「9S」、「A2」の3キャラクターが登場しているので、この機会を見逃さないようにしよう。

 なお、事前登録者数100万人達成を記念して、135万円相当の「純金ママ」像が製作されることも決定している。別途実施予定のプレゼントキャンペーンで景品となるため、手に入れたい人はこちらも要チェックだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ