『ディアブロ II』のHDリマスター版が正式発表、PCとコンソールでリリースへ。20年前のハクスラ名作が4Kグラフィックスで蘇る

 Blizzard Entertainmentは、『ディアブロ II』(Diablo II)のHDリマスター版となる『ディアブロ II リザレクテッド』(Diablo II: Resurrected)を現在開催中のイベント「BlizzCon」にて正式発表した。対象プラットフォームはPCとコンソールで、発売は2021年内を予定。

 HDリマスター版ではゲームプレイは20年前に発売された原作そのままに、ビジュアルを現世代向けに大幅に強化しており、最大でUHD 4K解像度(2160p)に対応する。HDリマスター版だけでなく原作のオリジナル版のグラフィックも収録しており、ボタンひとつで切り替えることが可能だ。

 また新機能としては、自分のキャラクターや戦利品、レベル、クエスト、進行状況、スキル、タレントといった進行度を機種を問わずに共有できる「クロスプログレッション」を搭載。こちらは利用するにはBattle.netアカウントとの紐付けが必要となる。

 このほか、よりリスタートが頻繁になる新たな「ラダーシーズン」が開幕。ユーザーインターフェースは、キャラクターのステータス情報を詳細を見ることができ、アイテムのステータス比較、マルチプレイヤーでの自動パーティ結成などに対応する。

 アイテム管理にもメスが入れられており、収納箱の容量が「6×8マス」から「10×10マス」に拡大。共有収納箱タブは同じBattle.netアカウント上の全キャラクターが利用できるほか、ヒーロー同士の間で簡単に装備を移転できるようになり、アイテム収納目的のセカンダリキャラは不要になるという。

(画像はBlizzConline Day 1より)
(画像はBlizzConline Day 1より)
(画像はBlizzConline Day 1より)
(画像はBlizzConline Day 1より)
(画像はBlizzConline Day 1より)

 現在はPC向け技術アルファテストのサインアップを公式サイトにて受け付けている。当時熱中してプレイしたプレイヤーも、いまからハック&スラッシュの名作をプレイしたいという初心者も、ぜひチェックしてみてほしい。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ