『ニーア リィンカーネーション』の母性溢れるキャラクター「ママ」が、ぬいぐるみとなって6月12日発売決定

 スクウェア・エニックスは、スマートフォン向けゲーム『NieR Re[in]carnation』に登場するキャラクター「ママ」をぬいぐるみにした『NieR Re[in]carnation ぬいぐるみ 〈ママ〉』を6月12日(土)に発売すると発表した。価格は税込2200円。サイズは全高・約15cm。スクウェア・エニックス e-STOREにて予約受付を開始している。

 『NieR Re[in]carnation』に登場する「ママ」は、その名の通り母性溢れる存在で、ゲームを始めたばかりの何もわからないプレイヤーを導いてくれるキャラクター。キャラクターボイスは声優の原由美さんが務めており、包み込んでくれるような優しい声で癒されたプレイヤーも多いだろう。

(画像はNieR Re[in]carnation ぬいぐるみ 〈ママ〉 | スクウェア・エニックス e-STOREより)
(画像はNieR Re[in]carnation ぬいぐるみ 〈ママ〉 | スクウェア・エニックス e-STOREより)
(画像はNieR Re[in]carnation ぬいぐるみ 〈ママ〉 | スクウェア・エニックス e-STOREより)
(画像はNieR Re[in]carnation | SQUARE ENIXより)

 そんなママが全高・約15cmのぬいぐるみとなって登場。黒い瞳はプラスチックパーツでできており、イラストの丸みが再現されている。素材はポリエステルとなり、ちょこりと座るフォルムがかわいいぬいぐるみとなっている。インテリアに最適だ。

 なおヨコオタロウ氏や齊藤陽介氏など、『NieR Re[in]carnation』の開発陣に取材したファミ通のインタビュー記事によると、グッズ企画やそれに伴うプロモーションなどを行うデザイナーチームの「リィンラボ」が結成予定とのこと。

 2月18日にサービスが開始されたばかりの『NieR Re[in]carnation』。今後は続々とグッズが登場することが期待できそうだ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ